イギリス留学

イギリス留学で学んだことは記録しておく!ブログや日記に思い出を綴ろう

英語を学ぶためにイギリスへ留学を検討される方は多いかと思います。

留学中は英語を学ぶ以外にもイギリスの文化や日本と違ったところなど、実は学べる部分がたくさんあります。

 

そういった英語以外に学んだことはブログや日記に綴ることをおすすめします。

なぜブログや日記に残した方が良いのか、おすすめする理由をご紹介しましょう!

 

banner-img

 

 

■イギリス留学の出来事をブログや日記に残しておく理由

 

イギリス留学はとても貴重な経験になります。

もしかしたら一生に一度の経験になるかもしれません。

 

そんな経験をムダにしないためにも、ブログや日記を利用して記録に残しておいた方が良いでしょう。

思い出はどうしても薄れてしまいやすく、脳のキャパシティも決まっているため全ては覚えていられません。

 

しかし、ブログや日記に毎日起きた出来事、気づいたこと、新しい発見などを書いていけば振り返った時にいつでも思い出せるのです。

そのため、イギリス留学中はブログや日記を書いておいた方が良いと言えます。

 

 

■ブログなら交流することもできる

 

記録する媒体は何でも良いのですが、どうせならブログの活用がおすすめです。

なぜブログが良いのかと言うと、日記の場合は自分で振り返るためだけに使い、それ以外の活用方法は基本的にありません。

 

しかし、ブログはインターネットを通して色んな日本人に見てもらうことができます。

自分で振り返るだけでなく、例えばこれからイギリス留学を検討している人からコメントが来たり、

同じように現在イギリス留学をしていてブログを書いている仲間から連絡が来てコミュニケーションが取れたりと、

ブログから色んな人との交流につながっていきます。

 

そのため、どうせ経験を記録しておくならブログの方がおすすめと言えるのです。

 

10626003455

 

 

■記録はどんな書き方でも構わない

 

イギリス留学中の経験を記録していく時はどんな書き方にしようか迷ってしまう方も多いかもしれません。

特にブログであれば多くの人に見られるため、意識してしまうでしょう。

 

 

しかし、自分の好きな書き方で構わないので好きなように感じたままを書くことが大切です。

ポエムのような書き方でも良いですし、写真が多くなっても問題ありません。

自分自身が感じたことをそのまま書くことで、その時の感情まで振り返られます。

 

 

留学中にブログを書くのは大変かもしれませんが、自分の資産として記録を残しておくことはとても大切です。

ぜひブログや日記に留学中の出来事を記録していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

イギリスの大学へ留学するのは大変?日本の学校との違いとは

イギリスには約110校もの大学が存在すると言われています。

大学以外にもカレッジと呼ばれる小規模の学校などもあり、海外から多くの留学生が訪れる国でもあります。

 

そんなイギリスの大学へ留学しようと考えた時、国の違いはもちろんですが、

授業のスピードややり方に付いていけないのではないかと不安に感じる方は多いでしょう。

そこで今回は、イギリスの大学へ留学する際に知っておきたい、日本の学校との違いについてご紹介していきます。

 

 

uk_agent02

 

■イギリスの大学はどんな仕組みなの?

 

日本の場合、大学は4年制で1~2年生では一般的な知識を学びつつ、3~4年生から本格的に専門分野を学んでいくようなカリキュラムが組まれています。

イギリスの場合、大学でも3年制を取っており、基本的には専門科目しか学びません。

 

科目によっては3年以上在籍して卒業する学校もありますが、ほとんどが3年制となっています。

このような違いがあるため、イギリスへ留学する場合は日本で一般的な知識を1~2年生で学んでからでないと、イギリス留学は難しいです。

 

授業に関してですが、日本の場合は教授が黒板やホワイトボードなどを使って講義を行う風景が一般的ですが、

イギリスでは学期が始まる前から教科書を読んでおく必要があり、教授は「生徒が教科書を読み込んでいる」という体で授業を進めていきます。

 

日本だと一から教えるというような授業内容になっているので、イギリスの方が授業スピードも速く、大変だということが分かります。

現地に住んでいる生徒ですら大変なので、留学生はもっと大変だと感じてしまうかもしれません。

 

 

shutterstock_393668386

 

■ディスカッションやプレゼンテーションが多い

 

日本の大学だと教授の話を聞いているだけという授業が多く見られます。

イギリスでも同じような授業はありますが、ディスカッションやプレゼンテーションといった内容の授業もたくさん用意されています。

 

ディスカッションやプレゼンテーションを行う時は当然英語でないと伝わりません。

そのため、大勢の前で話す力と英語力の両方を身に付ける必要があるでしょう。

授業が高度な分、得られる知識・学力はとても大きいです。

 

 

イギリスの大学は日本に比べると大変だと感じる場面が多いかもしれません。

しかし、大変だからこそ英語力のレベルアップや知識向上につながっていくことでしょう。

留学に不安を感じている方は多いかと思いますが、留学が終わった後「行って良かった」と思えるように全力で取り組んでいきま

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

イギリスへ短期留学!費用の内訳はどうなる?

イギリスへの短期留学を検討している方の中には、どのくらいの費用がかかってしまうのか不安に思う方も多いでしょう。

イギリスへの短期留学にはたくさんの費用が必要だと思われていますが、実際にどのくらいの期間留学するかによって費用は大きく変動します。

今回はイギリスへ短期留学する際にかかる費用の内訳について、具体的にご紹介していきましょう。

 

 

■渡航費用

 

一般的に東京からロンドンまでの渡航費用は、6~18万円となっています。

このように金額の差が大きいのは、航空会社や留学のタイミングなどによるためです。

渡航費用を抑えたいのであれば、航空会社比較サイトの活用や、大型連休を避けたタイミングで渡英するようにしましょう。

 

72c05b333acc41c484a1bc24f0690ecc

 

注意点としては、安い航空券を購入する場合にはキャンセル規定が厳しいケースが多く、留学に行けなくなってしまった場合や別日に改める場合、

キャンセルしても航空券代金の返金がされない、またはキャンセル料がかかってしまうという点が挙げられます。

安い航空券だからと油断していると、通常よりも渡航費用がかさんでしまうことがあるため、気を付けましょう。

 

 

■学費

 

ロンドンの語学学校の相場としては、4週間で約11~14万円となっています。

ロンドン以外の都市への留学の場合や、コース内容によっても金額は大きく異なるでしょう。

 

基本的なコースは午前中3時間が5日間ある1週間、合計15時間となるコースで、

集中的に学びたいという方には午前中3時間にプラスして午後2時間と合計25時間となるコースも用意されています。

短期留学であれば集中的に学ぶコースが人気ですが、授業が長くなる分授業料も多くなるため、しっかりと学校を選ぶ必要があるでしょう。

 

■宿泊費

留学中の宿泊先としては、ホームステイかルームシェアが主になります。

宿泊費としては、どちらも大きくは変わらず4週間で約5~7万円です。

この宿泊費には、水道光熱費とインターネット利用料金も含まれていますが、食費は別になるので注意してください。

 

英語力をつけたいのであれば、現地の家族と一緒に過ごせるホームステイがおすすめです。

また、イギリスの文化や生活を実際に体験できるため、短期留学をする方にも人気が高い宿泊先となっています。

 

DSC_0184

 

 

 

イギリスへ短期留学をする際にかかる費用の大まかな内訳についてご紹介しました。

事前にどのくらいの費用がかかるのかを知っておくことで、

少しでもイギリス短期留学をイメージしやすくなるでしやすくなるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

イギリス留学はロンドンだけじゃない!おすすめ都市3選

イギリス留学と言えば、真っ先にロンドンを思い浮かべる方がほとんどではないでしょうか?

イギリス留学には、ロンドン以外にもおすすめの都市がたくさんあります。

 

今回は、イギリス留学におすすめのロンドン以外の都市をいくつかご紹介していきましょう。

留学先を決める際に、ぜひ参考にしてみてください。

 

■オックスフォード

オックスフォードには、名門大学と名高いオックスフォード大学があることでも知られています。

大学都市としても人気が高く、日本人留学生に人気の都市です。

 

ロンドンからはそれほど離れていませんが、地下鉄の費用がかかりやすいロンドンに比べると

交通費がかなり抑えられるためおすすめの留学先となっています。

 

オックスフォードはロンドンとのアクセスが良好なだけでなく、バーミンガムやマンチェスターへのアクセスも良好です。

せっかくイギリス留学をするのであれば、留学先以外の土地にも足を運び、都市それぞれの雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか?

783b97d745f72fcf46f21a21c38b7c49_t

■ケンブリッジ

ケンブリッジと言えば、やはり名門「ケンブリッジ大学」を思い浮かぶでしょう。

アイザック・ニュートンやチャールズ皇太子の出身校で有名な大学ですが、その大学とともに発展してきた都市と言えます。

大学を中心とした都市のため、学生が住みやすい街です。

学生向けのレストランやパブ、ショッピングセンターなどが充実しており、留学先に適しているおすすめの都市です。

 

ケンブリッジは、年間を通して過ごしやすい気候となっており、留学性だけでなく観光客にも人気の高い都市となっています。

ロンドンから電車で1時間ほどとアクセスも良好のため、便利な留学先となるのではないでしょうか。

 

1058310_1_sp

■マンチェスター

マンチェスターは、マンチェスター・ユナイテッドという強豪サッカーチームがあることでも有名ですよね。

日本の某有名サッカー選手も所属していたサッカーチームなので、ご存知の方は多いでしょう。

 

サッカー文化が発展している都市でもありますが、音楽文化にも馴染み深く、芸術を堪能したい方におすすめの留学先です。

マンチェスターの街並みは都会すぎず田舎すぎないため、バランスの取れた都市と言えるでしょう。

 

View over Manchester city from high up.

 

 

 

イギリス留学におすすめの都市を3つご紹介しました。

イギリスには、ロンドン以外にも留学先に適している都市がいくつもあります。

どのようなことを学びたいのかを念頭に置き、自分に合った留学しやすい都市を選んでみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

費用が安い!イギリス留学でおすすめの格安学校

 

イギリス留学を検討しているけれど、費用が気になるという方は多いでしょう。

イギリスは物価も高く、他の留学先と比べてたくさんの費用がかかってしまうと考えてしまいがちです。

今回は、費用が気になる方へイギリス留学でも学費が安い学校をいくつかご紹介していきます。

 

■長期留学生に人気!Oxford House College London

 

有名なOxford Streeetに位置しているこの学校は、1974年に設立されておりBritish Council認定校としても知られています。

イギリス留学先の学校の中でも学費が安いため、日本人の長期留学生にも人気の高い学校です。

 

Oxford House College Londonのレジデンスは、学校からほど近くの距離に位置しているため、

徒歩でも通学でき、他の学校のレジデンスに比べて安いため、とても経済的です。

学費や交通費が安い学校ですが各種コースも充実しており、高度な資格を取得できるコンピュータコースなども開講しています。

語学だけでなく幅広く学べることもOxford House College Londonの大きな魅力ですね。

img_b39adb852bbb9e20b4f4f2356fd0a33f1ed18454_middle

 

■1週間の授業料が100ポンド未満?!Speak Up London

 

Speak Up Londonは、1週間の授業料が100ポンド未満と安い学費で通える学校です。

留学生の英語のレベル次第で選択できる時間帯が異なりますが、

コースに申し込んだ学生限定で無料の英会話レッスンにも参加可能となっており、便利でお得感もあります。

 

他の学校よりも規模が小さめに感じますが、教師と留学生の距離が近く、

留学生一人ひとりに合わせてサポートをしてくれているので、安くても安心して通えます。

新設されたばかりの新しい学校なので、日本人の留学生はまだ少ないですが

、安い上にサポートも充実していることで今後人気の学校となっていくでしょう。

 

 

■人気上昇中のMalvern House

日本でもよく知られているMalvern Houseは、2000年に設立された学費の安い学校です。

イギリス・ロンドン内に3つの校舎に分かれており、留学生の英語レベルによって分けられています。

そのため、自分に適したレベルの授業を受けられると人気なのです。

 

また留学生への対応も良いため、とても親しみやすく雰囲気も良い学校でしょう。

格安とはなっていますが、施設内も充実しており、学校のロケーションやアクセスも抜群です。

日本人留学生が全体の2割程度を占めているため、通いやすい学校ですよ。

 

Malvern-House-London3-370x193

 

物価の高いと言われているイギリスにも、安くて通いやすい学校はあります。

イギリスへの長期的な留学を検討しているのであれば、ぜひ参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

イギリス留学で無料のエージェントが活用できるって本当?

 

イギリス留学を検討されている方の中には、どのように留学を手配したらいいのか不安に思う方も多いのではないでしょうか?

そんな時でも、イギリス留学には無料の留学サポートエージェントを活用することで解決できるかもしれません。

今回は、イギリス留学時に活用できる無料エージェントについてご紹介していきましょう!

 

 

■留学エージェントとは?

留学エージェントとは、留学に対してのアドバイスや留学に必要な手続きの手助けを行ってくれます。

エージェントのほとんどは留学経験者のため、現地の実状や留学における心構えなど、ネットでは得られない情報を教えてもらえます。

初めて留学するという方でも、安心して留学のための準備を進められますよ!

11012008903

 

■留学エージェントを活用するメリット・デメリット

 

留学エージェントを活用することで、いくつかメリットとデメリットが生じます。

メリットとしては、イギリス留学においても重要となる学校選びから学校への手配までを確実に行ってくれる点です。

多くの学校と提携している留学エージェントは、その学校の良し悪しを客観的に捉えて、どの学校が留学希望者に適しているかアドバイスしてくれます。

 

また、多くの日本人を送り込んでいる留学のエキスパートでもあるため、学校手配にも手慣れており、安心して任せられるでしょう。

留学時には必要な手続きがたくさんあるため、留学エージェントを活用して手続きの手間を省くことにもなります。

 

対してデメリットとしては、留学エージェントの担当者との相性が合わないケースが挙げられます。

人生においても留学は大きな事柄にもなりますので、

担当者との相性が合わない場合には希望に沿わない学校やコースを提案されることにもつながるので、注意が必要です。

 

 f4d7a8e074cd060e4370bf84fc45ac6d

 

 

hege-agent1

 

無料の留学エージェントでも、相談から現地サポートまで充実しています。

イギリスへの留学を検討しているのであれば、まずは無料の留学エージェントに相談してみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

イギリスへ社会人留学する際に気を付けたい3つのポイント

イギリスへ留学したいという夢を持ち続けていたけど、

社会人になったから留学ができないと思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、社会人になってからイギリス留学をしたという人もいます。

今回は、社会人になってからイギリス留学をした人の経験から分かるイギリスへ社会人留学する際に気を付けたい3つのポイントについてみていきましょう。

 

  f4d7a8e074cd060e4370bf84fc45ac6d

 

■留学の目的をはっきりさせておく

 

社会人になると学生の頃より時間を作ることができません。

そのため、留学をするにしても限られた時間の中でしかできないという人も多いです。

例えば、美容師が技術力を高めるためにイギリス留学をするのであれば、留学で身につけるべきスキルは何か、

どのような学校に通うべきか、英語の習得は重視するのかなどのポイントに的を絞ることになります。

 

将来的にイギリスで働きたいのであれば英語をマスターする必要もありますし、日本にイギリスの技術を持って帰りたいのであれば英語はそこまで重要視する必要なないでしょう。

つまり、社会人が留学する場合は、将来のことをきちんと考え、はっきりした目標を決めておかなければいけないのです。

 

 

■留学中にしたいことを決める

 

留学期間は無限ではありません。

そのため、留学中にしておきたいことを事前に考え、勉強以外のことにも挑戦してみると良いでしょう。

現地のアルバイトや伝統文化の体験、様々国からやってきた留学生の交流など勉強以外の体験もたくさんできます。

 

留学中に現地を楽しむことで思い出にもなりますし、留学を充実させることにもつながります。

帰国後に後悔しないような生活をぜひ送ってください。

 

■留学の経験を帰国後にどう活かすかを考える

 

留学をすることで、様々な知識やスキルを身につけられます。

しかし、ただ知識やスキルを身につけただけでは、留学の意味がなくなってしまいます。

帰国後にその知識やスキルをどのように活かせるかを考えなければいけません。

 

もしも、今の仕事に留学で身につけられる知識やスキルがいらないということになれば、

留学が本当に必要なのかを考える人もいる可能性があります。

意味のある留学をするのであれば、帰国後に身につけた知識やスキルを活かせるのか考えることが大切です。

 

chinese-student-in-london-picture-id493722126

 

社会人になってからのイギリス留学は、ハードルが高いと感じる人もいるでしょう。

しかし、今回紹介したイギリスへ社会人留学する際に気を付けたい3つのポイントを押さえておけば、有益なものになります。

もしも、留学を検討している人がいたら、参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

イギリス留学にかかる費用の相場はどれくらい?

イギリスは、英語発祥の地であり、世界的に見ても教育水準が高い国です。

そのため、語学留学にもおすすめの国だと言えます。

しかし、留学をするためには、それなりの費用がかかってしまいます。

そこで今回は、イギリス留学にかかる費用の相場はどれくらいなのかみていくことにしましょう。

 

4b8bc77d6228510c835aaff6afc570a5_t

 

■イギリスの長期留学にかかる費用は?

 

イギリスに長期留学する場合の費用は、1ヶ月で25万円~60万円、3ヶ月で60~150万円、

6ヶ月で110~280万円、1年で220~540万円(海外留学保険やおこずかい、ビザ申請費用などは含まない)だと言われています。

イギリス国内には語学学校がたくさんあるので、幅広い選択肢の中から選べますが、その分学費の差が出てしまうのです。

 

学費は授業の回数や通学する期間などによっても変わってくるので、これほどの差が出てしまうのでしょう。

また、学費が高ければ良い授業が受けられる、学費が安い語学学校は授業の質が低いということにはならないので、学費の高さだけで選ぶ必要はないでしょう。

留学の目的は何かによって最適な語学学校は変わってくるので、イギリス留学の目的を明確にすることが大切です。

 

特に、長期留学の場合は現地での暮らしが長くなる為、自分に合う学校を探すことも大切になるので、事前にしっかりとリサーチしましょう。

 

■イギリスの短期留学にかかる費用は?

イギリスへの短期留学を検討している方もいるのではないでしょうか。

ギリスの短期留学にかかる費用は、1週間で10~32万円、1ヶ月で20~60万円、3ヶ月で60~150万円(海外留学保険やおこずかい、ビザ申請費用などは含まない)だと言われています。

短期留学の費用の大半は、渡航費が占めています。

 

そのため、イギリスへの短期留学の費用を抑えたい場合は、格安航空チケットや航空会社のキャンペーンを上手く利用することがポイントになるのです。

語学学校では、学生寮を完備していたり、ホームステイの滞在先を斡旋したりしていることもあるので、留学費用を抑えるためにも利用してみてください。

学生寮やホームステイにかかる費用は学費とは別ですが、自分自身で滞在先を探すよりは費用を抑えられます。

 

GlobalBlue_Step1-3

 

イギリスは、語学留学したいと考えている人におすすめの国であり、人気も高くなっています。

そのため、イギリスへの留学を希望する人も多いことでしょう。

イギリスへの留学を検討している人は、ここで紹介した相場を参考にし、長期留学にしようか短期留学にしようか考えてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

イギリスへ留学しよう!他の国への留学と何が違う?

古き良き伝統を誇るイギリスでは、他国と違いクイーンズイングリッシュを学べます。

他国で交わす英語とは発音やイントネーションが異なり、本場の英語を身に付けられるでしょう。

世界で教育レベルが高いと言われているイギリス留学には、どのような魅力があるのでしょうか?

 

 

■正統英語が学べるイギリス留学

 

イギリスの歴史は他国に比べて非常に古く、正統英語(クイーンズイングリッシュ)の発祥地です。

上流階級の人達が使う発音と言われていますが、今では一般的なブリティッシュイングリッシュを指すことが多くなっています。

アメリカやオーストラリアなどでは比較的気軽な英語に変わってきていますが、イギリスの場合は世界公用語を学ぶことになります。

上品で発音が綺麗と言われており、イギリス留学でしか習得できない英語スキルが身に付けられるでしょう。

 

 

■イギリス留学は英語教育がトップレベル

 

イギリス留学で有名なオックスフォード大学は、設立から900年以上もの歴史を持つ名門校です。

留学生に対する英語教育は、優秀な英語教師をはじめ実践的なテキスト編集、英語教授法の開発などを生み出してきました。

ケンブリッジ大学でもクオリティの高い教育が証明されており、英語教育に関しては他の国より圧倒的に良質な教育が受けられるというメリットがあります。

 

ec8bcd972b791475f24ae64d5a79e619_t

 

 

■日本人留学生が少ない

 

イギリス・ロンドンは知名度が高く、観光地として人気があります。

しかし、このロンドンから少し離れると雰囲気は一変し、緑の草原で羊や馬などがのんびり戯れる姿を垣間見ることができます。

イギリスは古くから建物や土地を大切にする習慣があり、重厚感のある建物や街並みがあることも印象的です。

他国の留学先では生活感漂う中心街に立地していることが多いですが、イギリス留学は和やかで上品な環境で留学生活を過ごすことになるでしょう。

 

 

■イギリスは他国に比べて物価が安い

 

近年に見られる日本の円高に加えてイギリスでは格安スーパーが多く出現し、他国に比べて物価が安いといった特徴があります。

野菜や果物、ビールなどの食料品は日本よりも安価な商品も多く、食費を抑えることも可能です。

また、本や雑誌、イギリスの法律で決まっている食品類は課税されないので、日本で暮らすよりも生活費を抑えられるでしょう。

 

N112_41rondonbiggben_TP_V

 

イギリス留学は教育の質・生活の質が他の国に比べて基準が高いです。

英語教育を目的にイギリス留学する人は、レベルの高い教育を受けることができます。

イギリスは他国の影響を受けにくい環境にあるので、独自の文化に触れてみたいという方にもおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

イギリスの食文化について

皆さん、こんにちは。

 

 

今回はイギリスの食文化について軽く触れていこうかとおもいます。

england-2906827_640

 

イギリスは食に対してそこまで関心がなさそうなイメージがある一方、

日本と同じ島国なのでもしかしたら漁業などが盛んなのかと予想していました。

さて、どうなのでしょうか、、

 

調べてみたところ、

やはりイギリスでは食に対して「栄養補給」という概念が強いらしく、食を楽しむという文化はアメリカや日本と比べても少し薄いようです。

 

 

とはいいつつも、イギリスの伝統料理を幾つか調べたのでご紹介します!

 

代表料理その①イングリッシュブレッグファスト

english-breakfast-2150514_640

アメリカや近年の日本と同様に、普段の朝食ではシリアルなどの軽食類が多いです。

しかし、時間に余裕のある休日などはイングリッシュブレックファストを食べる家庭が多いようです。

イングリッシュブレックファストの主な中身は、

ベーコン、ソーセージなどの肉類

マッシュルーム、トマトなどの野菜

パン、卵、ハッシュポテト、ビーンズなどです。

ボリューム満点でとても美味しそうですね。

(さすがに忙しい朝はこれだけを作って食べるのは少し面倒かもしれないですね。)

 

 

 

その②フィッシュアンドチップス

fish-1684828_640

これは日本でも比較的ポピュラーなのはないでしょうか。

よくバーや立ち飲み屋のメニューに載っていて手軽に食べる事ができますよね。

フィッシュアンドチップスはイギリスの伝統的なファストフードです。

アメリカはハンバーガー、イギリスはフィッシュアンドチップスみたいなイメージでしょうか。。

(フィッシュはタラなどの白身魚のフライのことで、チップスはイギリス英語でポテトフライのことをいいます。)

美味しくてエネルギーとボリュームがあり、しかも手軽に食べる事ができるので、イギリスでは確固たる地位を築いてきた代表料理です。

ダイエット中の方には少し抵抗があるかもしれないですが、そもそも魚はタンパク質なので皆が想像している程カロリーは高くないです。

食べ方としては、塩、ビネガー、バルサミコなどをかけて食べるのが一般的です。

 

 

 

その③スコッチエッグ

food-750782_640

スコッチエッグとは簡単に言うと、ひき肉を混ぜたものに卵を包みパン粉をつけて揚げた食べ物です。

約300年も前に発明されたイギリスの伝統料理です。

(スコッチは、スコットランド風のという意味らしいです。)

日本では子供達が好きなイメージがありますが、イギリスでは大人にもポピュラーな食べ物でお酒のつまみとしても親しまれています。

 

 

 

アフタヌーンティーの文化

tea-1040677_640

イギリスでも日本と同様にお茶が好きで、イギリスの紅茶などは世界的に有名です。

イギリスでは午後の少し遅めの時間にアフタヌーンティーというお茶の時間があります。

(日本でいう3時のおやつというところでしょうか、、)

おやつもスコーンやスイーツ、サンドイッチなどがあり、優雅な感じがします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0