ネスグローバル

0120-53-9686
欧米よりも安い留学費用無料英会話レッスン有名大学への最短パスポート
ネスグローバル

ニュージーランド高校留学

日本からニュージーランドの中学や高校に進学し、そして卒業を目指す
プログラムです。本格的に留学したい方、日本で帰国子女枠入試を目指したい方
に最適のプログラムとなっております。
ニュージーランドのフレンドリーでおおらかな方々と触れ合う事で語学力と
国際感覚が身に付き、自信と自立心が芽生えます。
あなたにぴったりの留学プランをネスグローバルがご提案いたします!
カンタン問い合わせ カンタン問い合わせ カンタン問い合わせ
ひそかなブーム到来
知っている人だけがいっているニュージーランド
ニュージーランドは、
今最も注目を集めている
中学・高校留学先です。

英語圏の先進国でありながら、安全で自然が多く、他の国に比べると
安く中学・高校留学が実現可能です。
又、ニュージーランドは差別も少なく親日家が多い為、
安全に留学生活を送ることができるのも大きなメリットです。

ニュージーランドへの高校留学生の推移 ニュージーランドへの高校留学生の推移グラフ

欧米よりも安い 留学費用

ニュージーランドの高校留学費用は、実は日本の学費とほとんど変わらず、1年目は概算で基本費用は約250万~300万前後です。
アメリカやイギリスに比べて格安です。2年目からは必要経費などが若干安くなります。

学費が欧米の約半分

ニュージーランド、アメリカ、イギリスの
名門高校で比べてみました。
概算ですが、左記のとおり、
アメリカもイギリスも年間約650万円前後
でした。ニュージーランドですと年間300
万円程ですので、2倍以上の差が出ます。
ちなみに、航空券・保険・ビザ関連の費用
を足すと、各国約50万円プラスになるかと
思います。

なお、名門高校でなければ各国とも
50~100万円程安くなるかと思いますが、
いずれにしてもニュージーは欧米の半分~
半分以下です。

※2015年2月24日のレートで計算しています。

基本費用
1年目は概算で基本費用は、 約200万~250万前後。
項目 内訳 金額
入学金 1年目 NZ$500,00
授業料 1年間 NZ$15000,00
ホームステイ手配 手配料 NZ$250,00
ホームステイ 45週間 NZ$11250,00
海外旅行保険(現地) 1年間 NZ$560,00
制服 NZ$400,00
教材など NZ$150,00
NCEA受験費用 1年目 NZ$384,00
合計 NZ$28494,00
日本円換算 ¥92 2,621,448
その他必要費用
航空券・お小遣い・携帯通信費・
ビザ申請費用・現地ガーディアン費用
などが必要。
項目 内訳 金額
高校生お小遣い 1年目 NZ$300-400
携帯電話 通常携帯電話 NZ$30-150
携帯電話使用料 1ヵ月 NZ$30-40
バス代 1ヵ月 NZ$100-190
学生ビザ申請費用 現地申請の場合 NZ$250,00
TOEFL受験代 NZ$230,00
  • ※バス代は必要な場合のみとなります。
  • ※費用は各学校によって、また学生さんの生活スタイルなどによっても変わってきます。

ニュージーランド高校留学の大きな特徴は、あなたの年齢通りの学年に進学することが可能だということです。
また、英語も完全にバックアップしておりますので、どなたでも参加していただけます。
海外の高校を卒業すると、進路や就職の幅が大きく広がりますので、最終的に是非目指してほしいプログラムです。

ネスグローバルだからできる 出発前までの無料英会話レッスン

出発前の英会話レッスンが無料です。

出発前の英会話レッスンが無料です。

ネスグローバル

出発前の英会話レッスンが無料

ニュージーランド高校留学を成功させる為には、目的意識をもって積極的に勉強をする事が大切です。
語学学校では英語の勉強を集中的に行いますが、現地高校では英語を使った各教科の勉
強も始まります。
英語で数学や理科などの授業を受け、試験をパスしていくわけです。
問題は分かるけれど英語力が無いために質問自体が分からないことも多々あります。
また日本の基礎教育をきちんと履修していない学生は、問題の内容自体も分からない
為、どんどん落ちこぼれていく場合もあります。
そこで、渡航前にできるだけ英語力をつけておくことで、現地でも勉強の理解度が増
し、クラスメートとのコミュニケーンもスムーズになりより充実した留学生活をおくる
事ができます。
弊社が運営する語学学校「ネス外国語会話」が提供する週1回のグループレッスンを、
お申込後無料でご提供します。

ニュージーランド高校留学の大きな特徴は、あなたの年齢通りの学年に進学することが可能だということです。
また、英語も完全にバックアップしておりますので、どなたでも参加していただけます。
海外の高校を卒業すると、進路や就職の幅が大きく広がりますので、最終的に是非目指してほしいプログラムです。

帰国子女枠で 有名大学への最短パスポート

センター試験がありません
帰国子女枠の大学入試は、 一般の受験科目を必要とせず、センター試験がありません

各大学で試験内容は違いますが、求められているものは、
帰国子女としての英語力と大学で学ぶ上で必要な学力です。

日本の大学に帰国子女枠として進学を希望する場合は、申請方法や受験科目、受験スケジュールなどを事前に調査し、理解しておく必要が
あります。また、日本の大学も近年、秋入学の大学も増えてきていますので注意が必要です。
希望の大学に合わせたスケジュール管理はもちろん、受験に必要な受験勉強も現地高校在学中から必要となってきます。

過去の卒業生達の大学進学実績

東京大学、早稲田大学、上智大学、学習院女子大学、一橋大学、ICU、法政大学、中央大学、駒沢大学、関西外国語大学、
関西大学、同志社大学、関西学院大学、立命館大学、青山学院、筑波大学、明治学院、神奈川大学、武蔵野大学、玉川大学、
龍谷大学、京都外国語大学

なぜニュージーランドが選ばれるのか
ニュージーランド国旗

なぜニュージーランドが選ばれるのか

英語圏の国で日本からの留学生の数が多いのは主に、
アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドです。
大学はどの国でも基本的には構わないのですが、中学生や高校生の留学はニュージーランドが最も適しています。
では、なぜ5カ国の中で、中学生や高校生の留学はニュージーランドが最も適しているのでしょうか。

  • 英語が話せなくても大丈夫

    ニュージーランドは、ESOL(English for Speakers of Other Languages)と呼ばれる英語を母国語としない人の為の英語集中 コースが各学校にあるので、英語の話せない留学生でもしっかり と授業に取り組めるよう教育制度が確立しています。また、中学 や高校には、留学生担当のカウンセラーが常駐しており、留学生 がスムーズに学校生活に適応できるようなシステムが整っていま す。中学・高校教育における留学生向けの英語教育体制が整って いる国は、英語圏ではニュージーランドとオーストラリアの一部 の州だけです。留学生向けの英語の授業(ESOL)は単位として認 められるため、留学2年目には、留年せずに次の学年に進級できる のも大きな特徴です。
  • 留学費用と物価が安い

    ニュージーランドを留学先に選ぶメリットは、何といっても留学費用と物価の安さです。 英語圏では確実に一番留学費用が安く上がりますし、物価は各都市によって差がありますが、 特に生活必需品は安く、暮らしやすいと言えます。  同じ英語圏のアメリカ、イギリス、カナダとは、授業料や生活費などの物価が格段に違います。 もちろん、都市部と地方都市などの暮らす場所や、留学する学校などによって違うので、一概には言えませんが、 アメリカ、イギリス、カナダなどと比較して、6~7割程度の費用で留学することが可能となっています。
  • 治安が良く安心

    ニュージーランドは日本と同じ島国で海岸線に囲まれ、山がちな国土が日本に良く似ております。また四季があり、町々で違う風景が楽しめるニュージーランドは、人の数(人口400万人)より羊の数(3000万頭)が多く、どんな大都会でも町の中心から車を20分走らすと自然に触れることができます。世界遺産登録地域や国立公園を含め、国土の約20%は自然保護区に指定されており、 穏やかな気候でのんびりとした雄大な環境の中で、生活・勉強をすることができます。
    もともと世界中から人々が移民してできた国ですので、ニュージーランド人は外国人に対してとても寛容で歓迎的でとても人懐っこいです。困っている人を見たら声をかけて助けてくれます。日本と大きく違うところは、ニュージーランドには原発がありません。現在全体の74%が再生可能エネルギー発電(水力・地熱風力)でまかなっております。
    今後は再生可能エネルギー100%を目指しており環境問題も力を入れております。
  • サポート体制が整っている
    日本の中学・高校にあたるニュージーランドのセカンダリースクールは、全体の約9割が公立のため、ニュージーランドの学生も留学生もほとんどが公立高校に通学することになります。ニュージーランドの各公立高校は、留学生の受け入れに大変積極的で、カナダやオーストラリアのように各エリアの教育委員会が管理するのではなく、高校単位で手続を行うことができる仕組みとなっています。そのため、高校側と留学生の皆さんとの距離も近く、留学生一人一人に対するケアも行き届きやすくなっています。またそのサービスの質は他国の高校と比べても高い評価を受けています。また、ニュージーランド政府教育省により作成されたガイドライン「留学生の生活保障に関する服務規程」があり、海外からの留学生が安全で適切な待遇を受ける権利を遵守しています。安心して学び生活できるよう、特に18歳未満の留学生には宿泊及び生活面で特別な配慮をするよう規定されています。親御様も安心して高校留学をさせることができる国、それがニュージーランドといえるでしょう。

ニュージーランド高校留学の大きな特徴は、あなたの年齢通りの学年に進学することが可能だということです。
また、英語も完全にバックアップしておりますので、どなたでも参加していただけます。
海外の高校を卒業すると、進路や就職の幅が大きく広がりますので、最終的に是非目指してほしいプログラムです。

ニュージーランドの 教育システム

ニュージーランド高校留学では、在籍する学年は年齢で分けられますが、実際に学習する教科は各自のレベルに合わせて設定されます。
つまり、実際の学年と学力は全く別に考えられます。
例でいうと、高校2年生(Year12)に在籍しながら、得意科目の数学はYear12のものを、苦手科目の科学はYear11を、体育はYear12のもの
を受講という組み合わせも頻繁にあります。以下の表の年齢は参考程度にお考え下さい。

ニュージーランドの教育システム
  • 5歳の誕生日から入学可。
    義務教育は6歳~16歳

  • セカンダリー(中・高校)は
    Y9(13歳)~Y13(17歳)。

  • 日本の高校2年生は、
    通常Y12へ編入し
    2年間留学します。

  • 在籍学年とNCEAレベルは
    別。Y12へ編入し2年間
    留学します。

  • クラス単位ではなく、
    完全に個人プログラムが
    組まれます。

  • 学生のレベルや興味に
    合わせた科目を選択し、
    単位を取得します。

  • 選択科目は大学の進路に
    よって変わります。

  • 同じ教室ではなく、
    生徒が核時間に各科目の
    教室へ移動します。

必須科目

Year11では英語、数学、理は必須。その他の選択科目から選択。

  • アート

    音楽、絵画、写真、印刷、ダンス、ドラマ、美術史

  • 保健体育

    保険、体育、アウトドア教育

  • 言語

    英語、ESOL、外国語各種

  • 数学

    統計学、微分、応用数学

  • 理科

    物理、生物、理科、科学

  • 社会

    地理、歴史、社会、会計学、経済学、旅行学

  • 技術

    栄養学、被服、技術、グラフィック、ホスピタリティー、幼児教育、コンピューター

ニュージーランド高校留学の大きな特徴は、あなたの年齢通りの学年に進学することが可能だということです。
また、英語も完全にバックアップしておりますので、どなたでも参加していただけます。
海外の高校を卒業すると、進路や就職の幅が大きく広がりますので、最終的に是非目指してほしいプログラムです。

年間スケジュールと申し込み手続き

中学・高校年間スケジュール
1学期入学希望の場合 2学期入学希望の場合
  • ◇ニュージーランドの高校は4学期制で、学期間に2週間のお休みが3回ほどあります。
  • ◇4学期は試験期間なので、入学が出来ない学校が殆どです。
  • ◇日本の卒業式(3月)を終了してからの留学は、現地の2学期入学になります。
  • ◇日本の学校によっては、1月からの留学を許可する学校もあります。
  • ◇期末の日付はその年によって変動があります。
  • ◇色々な理由より、できるだけ1学期入学をお勧めします。帰国子女枠受験には2年間留学が必要です。
  • ◇事前に語学研修をする場合はその期間も考慮が必要です。1~3ヵ月の事前語学研修を推奨します。

申し込みに必要な書類準備

  • ◆過去2年間の成績表(英語)
  • ◆校長先生からの推薦状か紹介状(英語)
  • ◆担任か英語教諭からの推薦状か紹介状(英語)
  • ◆英語の自己紹介文

ニュージーランド高校留学の大きな特徴は、あなたの年齢通りの学年に進学することが可能だということです。
また、英語も完全にバックアップしておりますので、どなたでも参加していただけます。
海外の高校を卒業すると、進路や就職の幅が大きく広がりますので、最終的に是非目指してほしいプログラムです。

留学手続きの流れ

留学手続きの流れ

学生ビザ

政府認定校のフルタイムコースに3ヶ月(通常13週間)以上留学の方。カテゴリー1の学校へ14週間以上のフルタイムお申し込みの方は
週20時間までのアルバイトが認められています。申請には、次の書類が必要です。

  • パスポート

    滞在期間+3ヶ月の猶予

  • 学生ビザ申請書+写真

    ニュージーランド移民局
    サイトよりダウンロード

  • 入学許可書

    申し込み学校より発行

  • 学費支払い証明書

    申し込み学校より発行

  • 宿泊証明書

    申し込み学校より発行

  • 出国用航空券かその資金証明

    資金証明はNZ$3000相当

  • レントゲン検査

    指定医での検診

  • 滞在資金証明書

    NZ$15000/年
    (日本銀行より発行)

留学後の進路

ニュージーランド高校留学卒業後の進路は、留学開始時にある程度の目安をたてておきましょう。帰国子女受験をし日本の大学に進学する場合と、現地大学進学の場合では高校のYear11からの教科選択も変わってきます。海外の大学進学の場合は、入学時から計画的な科目の選択が必要となり、
英語検定試験なども受験する必要があります。

留学後に進路
Voice

高校留学体験談

  • めぐみさん Megumi
    ◎留学を考え始めたきっかけは?

    中学の時の英語の先生が授業の終わりにニュージーランドに留学していた時の話をしてくれ
    たからです。治安の良さ、人のやさしさ、自然の美しさを聞いて是非留学するならニュー
    ジーランドと思っていました。

    ◎楽しかった事は何ですか?

    聖歌隊やダンスのレッスンに参加することで、友人がどんどん増えていき、英会話力もU
    Pできたと思います。ホームステイ先は夕飯後すぐに部屋に行くことを嫌がり、毎晩一緒
    にビデオをみながらのコミュニケーションはとても充実した時間となりました。早く宿題
    をしたいのにというときもあったのは確かでしたが。笑 。

    ◎高校留学を通して得たものは?

    日本にはないビジネスなどの授業があり、私が大学で国際経営を学びたいと思ったきかっけとなりました。
    ニュージーランドでできた友達は、一生の友達となると思います。大学の入学試験の面接では、どこの大学でも必ずニュー
    ジーランドでの一番の思い出や苦労した事、何で留学したのか、なぜニュージーランドなのかを聞かれましたが、自信を
    もって話すことができました。

  • 林さん Hayashi
    ◎留学を考え始めたきっかけは?

    私は中学1年の春休みに初めてNZにいきました。田舎に住んでいることもあってか、
    とても狭い世界で窮屈に生きていました。その生活は私にとってほんとに息苦しく、
    嫌でしかたありませんでした。そんな時、母からニュージーランドに短期留学してみては
    どうかと提案されました。
    元々英語の勉強が好きだった私にとっては夢のような話で行く!と即答しました。

    ◎楽しかった事は何ですか?

    どのホストファミリーも本当の家族のように接してくださって、ホームシックには1度も
    なりませんでした。最後にステイしたホストファミリーには私を含めて留学生が3人いて、
    さらに同い年くらいの娘さんが2人ととても賑やかなお家でした。学校から帰ってきては
    みんなで誰かの部屋に集まっていました。本当に楽しいホームステイ生活でした。

    ◎高校留学を通して得たものは?

    この3年間の留学を経て、英語がもっと好きになり、英語をもっと勉強するためにアメリカの大学への進学を考えました。アメリカ留学するにあたってエージェントの方たちもいろいろな話をしてくださったり、学校の先生方も全力でサポートしてくださいました。本当にたくさんの人に支えられたおかげで見事アメリカの大学に合格することができました。本当に皆さんに感謝します。経験は財産という母の口癖の通りたくさんいろいろな経験をし、自分を成長させてくれた3年間だったと思います。親元を離れて生活することで自立心を養うことができたと思います。私をNZまで送り出してくれた家族には本当に感謝しています。

  • 長瀬 瑞季さん Mizuki Nagase
    ◎楽しかった事は何ですか?

    現地の子達と一緒に生活するので、とても緊張しましたが、ふだんの高校生活よりも
    とても充実した生活をすることができました。
    キャンプ最終日に日本人のみんなで見せ物をして、現地の子達が「とても良かったよ」
    「かわいかったよ」と言ってくれたのがとても嬉しかったです。
    キャンプを通して新しい現地の友達もできたので、良い経験だったと思います。
    初めは辛かった高校生活も最後にはとても充実する学校生活になっていました。

    高校留学を通して得たものは?

    留学経験をして一番身に染みたことは、親のありがたみです。
    三年間、親と離れて、親がどんなに大切かというのが分かりました。
    自分が留学できたのも、様々な経験を得ることができたのも、全て、親のおかげです。
    この感謝の気持ちと、留学生活で学んだ様々なことを忘れずにこれからも大学生活頑張っていきたいと思います。

よくあるご質問
よくあるご質問
  • 質問1 一年中いつでも留学可能
    ですか?
    学校によって異なりますが、一般的には第1学期(2月初旬から)、 第2学期(4月下旬から)、第3学期(7月中旬から)の入学はほとん どの学校で可能ですが、第4学期(10月上旬)からの入学はほとんど の学校で許可されていません。そのため、10月あたりに留学予定の 方は、翌年2月の高校入学を目指して語学学校での英語研修期間に充 てることをお勧めいたします。
  • 質問2 留学するには何が必要ですか?
    日本在籍校での過去2年間の成績証明書、 英語力証明(語学学校通学後は語学学校のレポート)、日本の校長先 生または担任の先生、英語担当の先生からの推薦状、自己紹介文(全 て英文)
  • 質問3 学生ビザはどのように
    取得しますか?
    日本で申請を行う場合は、必要書類を揃えて留学開始日の約2ヶ月前 に、東京のニュージーランド大使館に申請します。出国まで十分な時 間がない場合は、観光ビザで渡航後、現地移民局に申請することもで きます。
    ビザ申請については当社がアドバイスさせて頂きますのでご安心くだ さい。
  • 質問4 英語研修期間はどのくらい
    必要ですか?
    一般的な日本人学生の方には少なくとも1ヶ月~3ヶ月はお勧めして います。もし日本での出席状況や成績があまり芳しくない方の場合、 半年~1年とより長く通学される事で語学学校より推薦状を頂くこと ができるので、高校入学審査の際に有利です。
  • 質問5 滞在中にアルバイトはできます
    か?
    基本的にはアルバイトは禁止ですが、高学年になって成績や生活に問 題がない場合は、学校+保護者+ガーディアンの許可があれば特別に 許可する場合もあります。
  • 質問6 日本では不登校の状況です。
    留学できますか?
    可能ですが、直接の高校留学は難しいのが現状で、事前の語学留学が 必須となります。日本での不登校の時期や期間や内容にもよります が、不登校により各教科の基礎学力がついていない場合、留学後に一 番苦しむのは学生さんご本人です。基礎学力の無い学生さんは、英語 はもちろん、(日本語でも)問題自体の意味が把握できない為、全く 授業について行けない場合がほとんどです。当社のスタディーサポー ト(塾)などを利用しながら、基礎学力を上げて行く事も可能です。
クライストチャーチ、オークランドで実施中 塾サポート

日本人講師が日本語で教えるスタディーサポートなので、確実に理解できます。
多くの孝行留学生が参加しており、塾利用者の帰国子女受験での大学進学率は95%以上を誇ります。

スタディーサポート

毎日の学校での勉強の補習をするNCEA対策コースと、TOEFLなどの英語試験対策コースや各種受験コースです。
日本人講師が英語の問題を日本語で教える授業なので、分からなかった所も確実に理解できるシステムです。

NCEA補修クラス

NCEA補修クラス

学校の授業の補修

英語試験対策クラス

英語試験対策クラス

IELTS、TOEIC、TOEFL対策

帰国子女受験対策コース

帰国子女受験対策コース

小論文対策クラス

通信講座、集中講座(年2回)

帰国子女受験サポート

帰国子女受験サポート

日本向け帰国子女受験

進学カウンセリング、
出願準備ヘルプなど

<過去の卒業生達の大学進学実績>

東京大学、早稲田大学、上智大学、学習院女子大学、一橋大学、ICU、法政大学、中央大学、駒沢大学、関西外国語大学、関西大学、同志社大
学、関西学院大学、立命館大学、青山学院、筑波大学、明治学院、神奈川大学、武蔵野大学、玉川大学、龍谷大学、京都外国語大学

現地ガーディアンサポート

現地サポート会社では、高校生向けに現地ガーディアンとして以下のサポートを行っています。24時間の緊急サポートから日常の生活、
進学サポートまで充実した高校生活が送れるよう、幅広いトータルなサポートを提供しています。

  • 学校決定までの
    カウンセリング

  • 高校入学申し込み
    手続き代行

  • 入学までの
    書類作成や送付

  • ビザの情報提供など

  • 学校への緊急連絡先
    としての登録

  • 定期的な滞在先や
    学校担当者への連絡

  • 学校や関係機関からの
    呼び出しへの対応

  • 日本への
    報告書作成と郵送

  • 生活費やお小遣い管理
    (希望者のみ)

  • 電話での
    現地生活サポート

  • 空港出迎え、
    送迎サービス

  • 両替、銀行口座開設、
    携帯電話アレンジ

  • 24時間緊急連絡先
    (2人)

  • 現地生活
    オリエンテーション

  • 病院、
    入院などの手配

  • 学生ビザ、
    ニュージーランドからの
    航空券アレンジ

  • 塾の
    トライアルレッスン

  • オフィス内
    サービス利用

現地ガーディアンサポート
代表メッセージ

ネスグローバル代表から ニュージーランド高校留学をお考えの方への一言

「私は日本人が高校留学をしていなかった1990年代にニュージーランドの高校へ行きました。 まったく英語は話せない状況でしたが、英語の補修と高校の授業、そして現地のラグビークラブに入ることで環境になれるとともに英語の習得を着実にしていきました。 ニュージーランド高校留学の良い所は、人の良さと治安の良さ、そして英語の聞き取りやすさ、そして費用的に安価で済むところです。そのため、日本の高校生にとっての留学先としては最適です。 それはネスグローバルを代表する私が最も経験として語れることです。

私はこのニュージーランドに惚れてそのまま大学へ進みましたが、このプログラムは、英語の修得とともに日本の有名大学入学を目指す戦略的高校留学となります。 目標を日本の有名大学に設定し、3年間で十分な語学力と学力を現地の密なサポートを受けながら目標から逆算をして着実に付けていくことです。もちろんそのままニュージーランドもしくは他の英語圏の大学に進むことも可能ですので選択筋は多くなります。 是非、今しかない、若いこの時期に、語学力とともにグローバルなマインドを育み日本をリードする グローバルな人材に育っていただきたいと思います。挑戦するなら今しかありません!

ネスグローバル代表 Taisuke Kushiya
経歴:
1990年
16歳でニュージーランドに高校留学
2001年
日本初の手続き代行0円の海外留学事業開始。英語圏を中心に800校の学校と提携。
自身1人で1,000人以上、会社全体で8,000人以上の日本人を海外に送り出す(創業から13年時点)
2003年
外国語会話事業を開始。英語・フランス語のマンツーマンレッスンの提供を開始
 
現在オフィス/校舎は
新宿本社、新橋、水道橋、品川、浅草、国領、新小岩、江戸川、大阪、吹田、新潟、ロサンゼルス