オーストラリア大使館
本日、弊社スタッフがオーストラリア大使館での学生ビザ申請方法の変更になる説明会に参加して参りました。
今後のオーストラリア学生ビザの申請は簡単になる予定ですが、変更に伴う申請の混乱は予想されますので、2016年7月以降に学生ビザで渡航予定の方は余裕を持った申請の準備をしましょう。
◯オーストラリア 学生ビザの変更ポイント
  • 郵送でのビザ申請は廃止。全てオンライン化
  • 下記ELICOSでの通学期間に制限がなくなります
  • アセスメントレベル(簡単に言うと国籍によるビザ取得難易度レベル分け)が撤廃され、以下の2つの点が確認されます。なお、以下の国籍、学校のリスクレベルの公開はされませんのでご注意ください。
    • 申請者の国籍
    • 通学予定の学校
  • 現行サブクラス8種類 → 以下の2種類のみになります
    1,サブクラス500 → ELICOS(エリコス:一般向け)
    • ストリームライン S(必要書類がない方向け)
    • レギュラーライン R(必要書類がある方向け)
    2,サブクラス590 → Guardian(ガーディアン:未成年・親子など)
Education provider

Immigration risk
(学校のレベル)
Country Immigration Risk
(国籍のレベル)
One Two Three
One S S S
Two S S R
Three S R R
※Rとして追加で必要な場合、申請後に以下の追加書類が必要になる場合がある
  1. 残高証明
  2. 健康診断
  3. 成績証明
◯注意
※6月中は現行のビザ申請方法でだいじょうぶですが、オンライン申請が2016年6月30日はメンテナンスになる予定なのでギリギリの申請はNGとなります。
※ビザの申請方法・申請料・申請書類については、半年に一度アップデート予定とのことなので十分ご注意ください。
【オーストラリア大使館のサイト参照】