2019年オーストラリア ワーキングホリデービザ申請に銀行の残高証明書が必須になりました

MS251_japanpassport500-546x364

ワーホリビザの申請に残高証明の添付が必要になりました。

2019年4月17日の申請分よりオーストラリアのワーキングホリデービザ(ワーホリビザ)申請の際に銀行の残高証明書の添付が必須になりました。
これまで手持ち資金に関しましてはオンラインでの申請の場合は添付書類無しの申告でしたが、今後はA$5,000に帰国の航空券分の支払い能力があるという証明が必要になります。
下記移民局のページより
Provide evidence that you have sufficient funds for personal support during your stay in Australia (approximately AUD5000) and evidence that you have sufficient funds to purchase a return or onward ticket for a fare to depart Australia at the conclusion of your stay (in addition to your funds for personal support while in Australia).

現在の為替レートで計算すると大体40万円程度+片道航空券の料金ですので50万円が目安になります。
ただし規定が変更して間もなく、移民局の判断基準がまだ明らかでありませんので、できるだけ大きい金額で証明されることをお勧めします。

複数の銀行で預金されている方は一度一つの銀行にまとめられることをお勧めします。
(残高証明書は複数枚でも申請上問題はありませんが、残高証明書の発行に1,000円~3,000円の手数料が掛かります)

 

追記 2019.7.11

オーストラリアのワーキングホリデービザ申請費が、2019年7月1日より変更になりました。

年々あがってますね。。。
旧:AU$450⇒新:AU$485

オーストラリア政府のページは以下のアドレスになります。こちらもご覧ください。
https://immi.homeaffairs.gov.au/visas/getting-a-visa/visa-listing/work-holiday-417/first-working-holiday-417
(フランス国籍とアイルランド国籍者は35歳まで年齢が伸びましたが、日本人はまだ18~30までです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

アイルランド留学で持っていきたい、おすすめの持ち物5選

 

アメリカなどに比べ日本人が少ないことから英語を学ぶことに集中できる、教育の質が高い、近くの国を安く旅行できるなどの理由からアイルランドへ留学が人気となっています。

今人気のアイルランド留学へ持って行くべき持ち物を知りたい人もいるでしょう。

そこで今回は、アイルランド留学に持っていきたいおすすめの持ち物をご紹介します。

 

201602_24

 

 

■スマートフォンまたはポケットWiFi

 

学校や街中のカフェなどWiFiスポットは多くありますが、

長期で留学する場合ポケットWiFiを常に持ち歩くか、もしくは現地のスマートフォンを持っていると便利でしょう。

 

 

■コンセント変換プラグ、変圧器

 

アイルランドのコンセントは日本とは異なり、BFタイプなので変換プラグが必需品となります。

海外でも対応可能なので、留学生がよく持っているパソコンやカメラなどは変圧器を使用しなくても大丈夫ですが、

ドライヤーやヘアアイロンは変圧器が必要なことが多いので一応持っていきましょう。

 

 

■日用品

コンタクトの保存液や生理用品、常備薬、シャンプー・リンスなどは現地でも買えますが、

アイルランドは物価が日本と比べて高いことや、使い慣れている日本のものの方が安心できます。

自分でこだわりのある日用品や、使う頻度が高い日用品は日本で用意しておき持っておくと良いでしょう。

 

8a06a20de63baba87d35675f5d25f0e5_s

 

■インスタント食品

 

アイルランドは日本食が手に入りづらいというデメリットがあります。

留学中は、現地のご飯に飽きて日本食が恋しくなる時もあるでしょう。

そんな時のために、カップラーメンやインスタントみそ汁、お茶漬けやふりかけなどの食料が持ち物としておすすめです。

また、アイルランドは物価も高いので外食ばかりしているとお金がなくなってしまうという面からしてもインスタント食品は必須の持ち物と言えます。

 

 

■雨具

 

アイルランドは天候がコロコロ変化するので、雨具を持っていきましょう。

折り畳み傘でも良いですが、強風で折れてしまう可能性があるので雨具をおすすめします。

 

 

この他にもパスポートや現地の現金(ユーロ)など、必要な持ち物は忘れずに用意しましょう。

アイルランドの多くのお店がキャッシュカードを利用できるので、カードを1枚は用意しておくと便利です。

 

また、電子辞書やタブレット端末なども学校での授業はもちろん、自習の時の必須の持ち物です。

フライト時間が長いので飛行機で快適に過ごせるグッズも持っていくと良いでしょう。

留学中に日本からの持ち物を落としたり、なくしたりしないよう気を付けてアイルランド留学を満喫してください。

 

 

 

iStock-641736118

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

アイルランドへ留学するなら活用したい留学エージェント!選ぶポイントは?

留学をする際、留学先を手配してくれる代理店の「留学エージェント」とのトラブルが稀に起こってしまいます。

留学先の学校やホームステイ先の紹介など、様々な面をサポートしてくれるエージェントは、特に初めての留学であれば有効的に活用したいものです。

 

トラブルなく利用するためには、きちんとした留学エージェントを選ばなくてはなりません。

そこで今回は、留学エージェントの選ぶポイントを3つご紹介しましょう。

アイルランド留学を検討していてエージェントの活用を考えているのであれば、ぜひチェックしてみてください。

 

 

■ホームページは更新されているか

 

企業のホームページの更新が半年前以上だったり、去年の情報のままだったりする場合、注意が必要です。

ホームページを作るだけ作り、放置している可能性があるからです。

ホームページが更新されていない場合、運営実態が怪しく留学エージェントの実績も少ないと考えられます。

ireland_agent03

 

■相談内容・条件にきちんと対応してくれるか

 

留学エージェントでは、アイルランドの語学学校から手数料、報酬をもらいます。

その手数料は各国や学校によって金額が異なるため、自分達が多くの手数料をもらえるように、手数料が高い自分の希望ではない学校を紹介してくる場合があります。

それっぽく都合の良いことを言ってきても、実は全く相談内容に沿ってない内容かもしれません。

 

きちんと自分が相談している内容や、提示している条件に合った対応をしてくれるか見極めましょう。

自分の相談したい内容が伝わっているか、すぐに決定はせずに納得いくまでしっかり話し合ってから確定させた方が良いです。

アイルランド現地と日本の両方にオフィスを構え、留学生の費用負担を減らせるように最低価格保証を用意しているエージェントなどは信頼することができます。

 

 

 

■24時間サポートがしっかりしているか

 

アイルランドへ行き生活していると、場合によっては何かトラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。

アイルランドの場合はそれほど治安が悪いわけではないのですが、やはりエージェントからサポートを得られた方が良いでしょう。

「24時間サポートします!」などとホームページに書かれていることは多いですが、メールの受信を24時間行っているというだけですぐにサポートをしてくれないケースがあります。

24時間電話での対応が可能なところや、アイルランドにいてもすぐに顔を合わせてくれて早くレスポンスをくれるエージェントなら信頼できるでしょう。

 

Dublin-640x417

 

 

留学エージェントは、ただ留学を代理で手配してくれたり、サポートしてくれたりするだけではなく、一緒に夢を叶える身近な存在であるべきです。

信頼できる留学エージェントをパートナーに見つけ、充実したアイルランド留学にしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

アイルランドってどんなところ?留学に人気の理由とは

海外留学先の国としてアイルランドを選ぶ留学生が増えています。

人気の留学先アイルランドについて、基本的な情報と人気の理由をご紹介しましょう。

 

■アイルランドの基本情報と気候について

 

アイルランドはイギリスの近くに位置する島国です。

ヨーロッパの西側にあり、イギリスのロンドンからは飛行機で約1時間半の場所にあります。

首都はダブリンで、国土の中央、東側に位置しています。

人口は460万人程度、広さは北海道と同じくらいの大きさの国です。

第一公用語がゲール語、第二公用語が英語で、実際に話されている言語は英語となります。

 

アイルランドは天気が変わりやすい気候で有名です。

急に雨が降り出したかと思えば晴れ間が見えるなど、天気の急変は日常的にあります。

天気の変わりやすさは「1日のうちに四季がある」と言われている程で、晴れていてもたった10分で豪雨に変わったり、突然ひょうが降ったりします。

 

ひょうは、3~4月によく降り、直後に青空が広がることも日常茶飯事です。

10~12月は雨が多く、台風並み、ゲリラ豪雨並みの雨が毎日のように降ります。

寒いイメージがアイルランドですが、雪はめったに降らず冬の寒さはそれほどではありません。

 

BHCM5528-1024x765

■治安の心配はあるの?

留学先を検討する場合、治安は気になるポイントです。

アイルランドはヨーロッパの中では比較的治安が良いことで知られています。

もちろん、スリや盗難は日常的に発生するため、自分の身を守る最低限の行動は必要です。

歩きスマホをしていてスマホを奪われるケースや、気付いたらリュックのファスナーが開けられているケースもあります。

治安が良いとは言え、留学中は油断しないようにしましょう。

 

 

■留学先として人気の理由

 

せっかく留学するなら日本人が少ない場所に行きたいという人は多いものです。

その点アイルランドは日本だと留学先としてはマイナーであるため、現地に日本人が少なくおすすめできます。

また、大学の付属コースに留学すると現地の日本語学科の学生たちとの交流が盛んなので、アイルランド人との相互文化交流も可能です。

さらに、アイルランドは国の規模が小さく政策やサービスにおける実験的取り組みが盛んに行われています。

留学経験を通して企業やイノベーションの活きた経験を求める人にも有意義な時間が待っていることでしょう。

そして、ケルト文化、中世の文化、イギリスとの関係など先史時代からの歴史があるため、歴史好きな人にも人気があります。

 

135092_01

 

アイルランドには、ヨーロッパ各国からの留学生がバランス良く滞在しています。

のんびりとコミュニケーションを楽しみながら新しいことにチャレンジしたい人は、ぜひ留学先の候補にアイルランドを加えて検討してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

アイルランド留学にかかる費用はどれくらい?大まかな予算を立ててみよう

留学生に人気のアイルランドには、どれくらいの費用があれば留学できるか気になる人は多いでしょう。

留学に必要となる費用や現地の物価について知れば、留学にかかる費用の目安が分かります。

大まかな予算を立てる時に参考になる、アイルランド留学の費用目安についてご紹介しましょう。

 

 

■アイルランド留学でかかる費用の目安

 

留学先にアイルランドを選んだ場合、期間によって必要な費用が異なります。

おおよその目安として、留学期間が1ヶ月の場合は30~60万円、3ヶ月なら60~130万円、半年で110~240万円、1年間で220~400万円が相場となります。

また、日本からの直行便がないアイルランドへの渡航費は季節によって違います。

春と冬にかけては渡航費が安くなり、格安航空券を使用すれば片道5万円程度で利用可能です。

847f16bf0cb28017752e6a7155066413

■アイルランドの物価

 

隣国のイギリスと比較すれば物価は低いものの、アイルランドの物価は基本的に高い傾向にあります。

特に、首都のダブリンは家賃が高く、1ヶ月の家賃は最低でも60,000円~90,000円程度は必要です。

 

 

そのため多くの留学生は費用を抑えるためにホームステイかシェアハウスでの生活を選択しています。

シェアハウスのシングルルームの場合で約66,000円~、数人で部屋をシェアする場合は約33,000円~52,800円が相場となります。

ホームステイの場合は、食費込みで月約6~10万円ほどで済みます。

 

食費は自炊した場合で1ヶ月39,600円~52,800円程度が必要です。

外食は日本と比較して高めで、夕食を外で食べるなら1食約2,500円~3,300円程度は必要でしょう。

加えてアイルランドではチップを置く習慣があるため、結局は外食が高くついてしまいます。

食品を購入するスーパーは、激安スーパーを利用すると食費を抑えられます。

 

Aldi(アルディ)と Lidl(リドル)、TESCO(テスコ)などの激安スーパーを活用しましょう。

アイルランドで留学中に携帯電話を使いたい場合、料金は大変安いので安心してください。

月2,640円程度でネット4G使い放題のプランに入れます。

3bab7adae382ba600d40c916154bb6d6

 

■留学費用の内訳

 

アイルランドに1年間留学する場合で最低限必要な費用の内訳を見てみましょう

まず、学生ビザの申請料は4万円、学校提携の保険費用が2万円、航空運賃が16万円です。

語学学校への支払いが60万円、家賃が58万円、生活費が45万円程度は必要となります。

 

さらに、交通費が8万円、通信費が3万円で試算すると、合計は195万円です。

ここに、現地での娯楽費や日本出発前の費用を合わせると、1年間の留学費用としては220万円が最低ラインと言えるでしょう。

 

 

海外への留学では費用を上手に抑えながら、賢くお金を使うことが大切です。

魅力あるアイルランド留学をぜひ思いっきり楽しんでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0