ニューヨーク留学する前に知っておきたい、日本の大学との違いについて

geraldine-lewa-KTSlPohxauA-unsplash

ニューヨークの大学と日本の大学とでは様々な部分に違いがあります。

ニューヨークへ留学する前に知っておきたい、日本の大学との違いをチェックしてみましょう。

 

■学費と進学・卒業について

 

ニューヨークの大学は、日本の大学と比較して学費が高い傾向があります。

州立大学と私立大学で学費は異なるものの、約280万~370万円程度が必要です。

日本の大学に進学する場合、約80万~140万円の学費で済みます。

ニューヨークの大学は学費が高い分、留学の費用がかさみがちです。

進学方法についても違いがあり、偏差値重視の選考試験がある日本の大学入試とは異なっています。

ニューヨークの大学進学にあたっては、学力だけで合否の判断はされません。

志望理由などの作文、高校の推薦状、ボランティアなどの活動状況などが重視されます。

日本の大学を卒業するためには、基本的に4年間で必要な単位数を取得し、卒業論文などを提出することが求められます。

ニューヨークの大学は、卒業に必要な単位が取得できていれば在籍年数に関わらず卒業できるのです。

一般的に入学よりも卒業の方が難しいと言われ、留学中の勉強量が多い点も特徴的です。

 

priscilla-du-preez-XkKCui44iM0-unsplash

 

■入学時期と卒業時期

 

ニューヨークの大学の新学期は8月~9月です。

大学によっては年に何度か入学や編入の機会を設けているので、留学する際は調べてみましょう。

卒業時期は一般的に5月~6月です。

ただし、人によっては入学時期が異なる上、必要単位を取得すれば卒業ができるため、卒業時期が異なる人もいるでしょう。

卒業式では学校指定のマントと角帽を着用し卒業証書を受け取ります。

日本の大学は、入学は4月、卒業は3月であることが一般的です。

卒業式ではスーツや袴などを着用します。

geraldine-lewa-KTSlPohxauA-unsplash

■大学の種類と授業スタイル

 

日本の大学が国公立や私立に分類されるように、ニューヨークの大学も「州立大学」と「私立大学」に分けられます。

州立大学は州内出身者を優先しており、州外の出身者や留学生は学費が高く設定されています。

州立大学は規模が大きい傾向がありますが大学のレベルは様々で、平均的には私立大学の方が、よりレベルが高くなっています。

日本の大学は私立より国公立が劣るわけではない点で違っています。

授業スタイルはニューヨークの大学は積極的で自由、留学生であっても発言が多く求められるでしょう。

自分の意見を積極的に述べる姿勢が重視されているため、受け身のスタイルで聴講する日本の大学とは違っています。

ニューヨークの大学は日本の大学とは様々な点で異なっています。

あらかじめ日本の大学との違いを把握しておくと、留学を始めてからミスマッチを感じることも少ないでしょう。

ニューヨークの大学について知り、有意義な留学生活を満喫してください。

vasily-koloda-8CqDvPuo_kI-unsplash

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ニューヨーク留学の準備を始めよう!持っていくと便利なアイテム

blake-wisz--JJg90OAnWI-unsplash

アメリカは留学をする人が多い国の1つであり、特にニューヨークは人気が高い都市です。

そのため、これからアメリカに留学をしたいと考えている方も多いのではないでしょうか?

今回は、アメリカ・ニューヨークへ留学する時に準備しておきたいアイテムをご紹介していきましょう。

 

■準備した方が良い衣類

ニューヨークへ留学するのであれば、普段着は5日分くらい準備しておけば良いでしょう。

ニューヨークをはじめとしたアメリカでの大学生活は、寮生活になることが多いです。

寮にはコインランドリーも完備されているため、こまめに洗濯をすれば服が足りなくなってしまうこともありません。

留学中は、パーティに参加することもあります。

そのため、フォーマルな衣類も1着は準備しておいた方が良いでしょう。

女性の場合は着物を持っていくと喜ばれます。

日本ではオフィスカジュアルくらいの衣類でもアメリカでは正装として認められるため、そこまでかっちりしたものでなくても問題はありません。

lauren-fleischmann-R2aodqJn3b8-unsplash

■医薬品も準備しておいた方が安心

 

ニューヨークと日本は時差もあります。

最初は時差ボケで体が弱ってしまい、体調を崩してしまう可能性もあります。

そのため、痛み止めや風邪薬、胃薬など常備薬がある場合は、持参していくようにしましょう。

また、常に飲んでいる薬があるという人や持病がある人などは、英文の診断書も準備しておいた方が良いです。

万が一ニューヨークの病院に行かなければいけない事態になった時に、英文の診断書があれば役に立ちます。

メガネやコンタクトレンズも、自分に合うものを予備共に準備しておいてください。

コンタクトレンズの保存液はニューヨークでも購入できるため、数日間使える分があれば大丈夫です。

plush-design-studio-WeCoLo0Rxp4-unsplash

■留学中に意外と役に立つもの

 

海外用のプリペイドカードやパスポート用の顔写真は、万が一の時に役立ちます。

ニューヨークでは他のアメリカの都市と同じようにクレジットカード払いが主流になっていますが、使い過ぎを防ぐためにも海外用のプリペイドカードはとても便利です。

また、パスポートを紛失してしまった時のためにパスポート用の顔写真も準備しておくと安心できるでしょう。

ニューヨークへの留学を検討しているのであれば、今回紹介した準備しておきたいアイテムを持参するようにしましょう。

そうすることで、ニューヨークでの留学生活をより充実させることができます。

勉強も現地での遊びも充実させるために参考にしてみてください。

blake-wisz--JJg90OAnWI-unsplash

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ニューヨーク留学でアートを学ぶ!日本と違う特徴とは?

austin-distel-wD1LRb9OeEo-unsplash

 

現在活躍しているアーティストの多くは、海外でアートを学んだ経歴を持っています。

日本でアートを学ぶこととニューヨーク留学でアートを学ぶこととでは、どんな違いがあるのでしょうか?

今回は日本とニューヨークで学ぶことの違いについてご紹介します。

 

■世界中から人が集まり、刺激を受ける

 

ニューヨークには世界中から多くの人が集まってきます。

人が集まる場所には文化が生まれ、最先端のアートも生まれます。

実際に音楽やダンス、アートなど様々な芸術のアーティストが集い、ニューヨークで活動しています。

留学中には有名アーティストはもちろん、熱意に溢れた無名アーティストからも良い刺激がもらえるでしょう。

希望に満ちた都市ニューヨークでは、世界中から集まるアーティストと共に、お互いが切磋琢磨しながら留学生活を送れるのです。

ニューヨークに留学すると、世界中から集まった感度の高い人々と一緒に学んでいるような気持ちになります。

日本での生活では得られない刺激的な環境が整っている点が、ニューヨーク留学の特徴の1つです。

austin-distel-wD1LRb9OeEo-unsplash

 

■アイデアが豊富にある

 

多くの人が集まるニューヨークには、作品のアイデアも豊富に存在します。

博物館や美術館も多く、留学中の創作意欲を掻き立てるはずです。

さらに、ニューヨークの街中を歩くだけでも、作品のヒントにたくさん出会えます。

日本では見られないニューヨーカーの姿、建物、路上で繰り広げられるパフォーマンスなども、アイデアの元となるでしょう。

留学先の学校だけでなく、街中がアートの学習環境であるところも日本と違う部分です。

artificial-photography-vB5qtt8X4NA-unsplash

 

■アートを評価する人が多い

 

どんなアートでも、作品を理解し評価してくれる人がいなければアートとしての価値が生まれません。

残念ながら日本には、まだまだアートを評価する側の人が少ないという現実があります。

その点、最先端のアートやカルチャーが集まるニューヨークには、評価する人々も集まっています。

アートを評価されるチャンスが多い点も日本とは違うのです。

ニューヨーク留学では語学を学びながら、自分の作品を評価してもらえるチャンスを掴みやすくなります。

しかも、本場ニューヨークで評価されれば、アートとして高い価値を持っていることが認められたという意味を持ち、自分自身の作品に高いブランド価値が生まれるきっかけになります。

アートの世界を目指したものの諦めていた人でも、ニューヨーク留学をきっかけにまたその世界で輝ける可能性があります。

さらに、留学では世界で活躍するための英語も学べます。

アートと英語、どちらも学びたいなら、ぜひニューヨークへの留学を検討してみてください。

james-zwadlo-hpZh7Pvs9mk-unsplash

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ニューヨークへファッション留学するなら?おすすめの学校をご紹介

flaunter-com-RC7bYyG5PUs-unsplash

最先端のファッションも英語も学びたいなら、ニューヨークへの留学がおすすめです。

ニューヨークへファッション留学する際に、おすすめの学校をいくつかピックアップしてご紹介しましょう。

 

■ニューヨーク州立ファッション工科大学

 

FITの略称で呼ばれ、モダンアート分野で世界的に有名な州立大学です。

ファッション技術やデザインを学ぶための様々な専攻が揃っています。

留学でI-20のビザを発行してもらいファッションに関する英語を学びたい場合は、FIT付属のESLプログラムを活用しましょう。

FITはカルバン・クラインを輩出したことでも有名で、講師陣の質の高さには定評があります。

本場ニューヨークの業界で、現役で活躍しているデザイナーから指導も受けられます。

また、州立学校のため学費が安く、留学費用を抑えたい人にもおすすめです。

ダウンタウンにキャンパスがあるので、留学中にハイラインやチェルシーマーケットに行きやすい点もメリットとなるでしょう。

flaunter-com-RC7bYyG5PUs-unsplash

 

■パーソンズ大学

 

名門の美術大学で、世界3大ファッションデザインスクールの1つとして知られているパーソンズ大学は、多くの有名デザイナーを輩出しておりアメリカのファッション業界とも深いつながりを持っています。

例えば、卒業生にはグッチやルイ・ヴィトンなど、世界的なブランドのディレクターがいます。

校風はアートしてのファッションというより、社会性を感じるテーマをファッションで表現するような実践性が特徴です。

パーソンズ大学は、アメリカ・ニューヨークで最初にファッション教育をスタートしました。

キャンパスはミッドタウンイーストにあり、留学中にニューヨークのアパレルショップを巡りたい場合にも便利です。

zeny-rosalina-Z3tc0Bfv0c4-unsplash

 

■エルアイエム・カレッジ

 

ファッションビジネスに特化しているビジネススクールです。

美術大学やデザインスクールと違い、より実践的な内容を学びたい場合には専門学校であるエルアイエムが良いでしょう。

ファッションを学びながらビジネスについても学べます。

キャンパスは流行の最先端である5番街の近くです。

在学中にはインターンシップを取ることが必須となっているため、インターンシップからの就職のチャンスや、ファッション業界とのつながりが得やすいでしょう。

留学後にニューヨークのファッション業界で働きたい場合は、エルアイエム・カレッジがおすすめです。

ニューヨークへの留学では、ファッションはもちろん世界で活躍するために必要となる英語力も学べます。

世界中からニューヨークに集まるハイレベルな仲間と共に、最先端のファッションを学んでみてください。

 

luca-bravo-275599-unsplash

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ニューヨーク留学はどれくらいかかる?費用の目安や節約のコツをご紹介!

colton-duke-608198-unsplash

 

人気のニューヨークへ留学したいものの、費用面での負担に不安を感じる人も多いでしょう。

今回は、ニューヨーク留学に必要な費用の目安や、節約するコツなどをご紹介します。

■ニューヨーク留学の費用目安

ニューヨークに1年留学する場合、一般的には全体で300万円~500万円の費用が必要です。

大まかな内訳としては、生活費が約200万、授業料が約200万と見積もっておけば良いでしょう。

項目別のニューヨーク留学の費用目安は次の通りです。

・航空券費用 10~20万円

直行便と経由便、渡航のシーズン、予約のタイミングによって航空券の費用は異なります。

・パスポート費用 1万6,000円

・セビス申請費用 2万円

・ビザ申請費用 1万6,000円

申請費用は決まった費用を必ず支払う必要があります。

・保険の費用 30万円

健康保険があり、無料で救急車を使用できる日本と違い、アメリカの医療制度では高額な費用を請求されるケースもあります。

1年間の留学なら保険費用の相場は30万円と考えておいてください。

・生活費 60万円

・住居費 70~100万円

大都市のニューヨークは、生活費も滞在費も多くかかります。

節約が可能な費用ではあるものの、快適で便利な留学生活をしたい場合は、ある程度の予算を確保したい部分です。

・授業料 100~200万円

固定費なので、授業内容・授業日数と予算との兼ね合いで選びましょう。

 

alexis-brown-82988-unsplash

 

■留学費用を節約する3つのコツ

ニューヨークへの留学では、費用を節約できる部分もあります。

留学費用を節約するコツを3つご紹介しましょう。

・学費の安い学校を選ぶ

ニューヨークには様々な語学学校があります。

学校によって規模やシステム、授業内容や授業時間数が違い、学費も異なります。

留学の費用を節約したい場合は、学費の安い学校を探しましょう。

・格安の留学エージェントを活用する

留学のサポートをするエージェントも、会社によって料金が違います。

費用を抑えてニューヨークへ留学したい場合は、格安のエージェントを活用しましょう。

初めて留学する場合なら、ニューヨーク留学の案件を多く扱っていて現地にオフィスがあり、予算の希望に沿った提案ができるエージェントを選ぶと安心です。

・滞在費用を削る

ニューヨーク留学では、どこに、どんなスタイルで滞在するかで費用も変わってきます。

他の都市と比較して、ニューヨークの外食費用は高めの傾向があります。

留学の費用を抑えたい場合は、自炊をメインにして外食を控えた滞在スタイルがおすすめです。

滞在先はルームシェアの物件で、比較的家賃の安いエリアの物件を選ぶと費用を抑えられます。

一般的にニューヨーク留学には、年間で約400万円前後の費用が必要となります。

しかし、節約のコツを実践すれば250~300万円ほどの予算でも留学が可能です。

夢と希望に溢れた憧れのニューヨーク留学は、無理のない範囲で費用を抑えてお得に実現しましょう。

 

colton-duke-608198-unsplash

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ニューヨークはどんな都市?留学する際に知っておきたい特徴

paul-weaver-718787-unsplash

夢や刺激に溢れた大都市・ニューヨークは、多くの留学生が訪れる人気の留学先です。

憧れのニューヨークに留学する前には、現地についてリサーチをしておくと安心でしょう。

今回は、ニューヨーク留学で知っておきたい都市の特徴や、留学する際の注意点などをご紹介します。

 

■留学先として人気のニューヨーク、3つの特徴

世界的な大都市であるニューヨークには、留学先の都市として考えた場合にはいくつかの特徴があります。

都市の特徴を3つご紹介していきましょう。

 

・充実した留学生活を叶える都市

幅広い分野で世界をリードするニューヨークには、様々な観光スポットが点在しています。

ブロードウェイ、タイムズスクエア、自由の女神など見所も満載です。

セントラルパークでのんびり過ごしたり、語学学校の友人と一緒にニューヨークの街に出かけたり、充実した留学生活を送れます。

ニューヨーカー気分で勉強も遊びも満喫できる環境が整っている点が、ニューヨークならではの特徴です。

 

・生活が便利な都市

ニューヨークは交通網が整備され、バスや地下鉄は24時間運営される路線もあり交通が便利です。

飲食店、各種サービスも充実しており、大都会ならではの便利な生活ができます。

日本食を提供する店もあるので、日本の味が恋しくなった時も安心です。

桜の季節にはセントラルパークで花見もできます。

慣れない留学先でも、生活が便利なニューヨークならホームシックにもなりにくいでしょう。

 

・夏は暑く、冬は寒い

夏は30℃以上の日が続き、冬は氷点下になる日もあるニューヨークの気候は、夏は暑く冬は寒いという特徴があります。

ビルが多いニューヨーク都心部はビル風の影響で、冬の寒さはより厳しく感じます。

日本よりも寒暖差が大きいニューヨークでは、しっかりと体調を管理しましょう。

 

paul-weaver-718787-unsplash

■ニューヨークに留学する際に気を付けたい、2つの注意点

ニューヨークに留学する際には、注意すべきポイントがあります。

ここでは、ニューヨーク留学での注意点を2つご紹介しましょう。

 

・目的意識は明確に

エンターテインメントや観光など、数多くの魅力があるニューヨークへの留学では、目的意識を明確にしておきましょう。

留学の目的を常に意識して、楽しいだけの留学で終わらないように注意してください。

 

・日本とは違うということ

日本にいる感覚で生活すると思わぬトラブルに遭うリスクがあります。

荷物から目を離さない、白タクシーを利用しないなど、油断をしないようにしましょう。

日本とは違うということを忘れないでください。

ニューヨーク留学では日本では得られない素晴らしい経験が待っています。

都市の特徴や注意点を知って、充実したニューヨーク留学にしてきましょう。

priscilla-du-preez-623040-unsplash

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ニューヨーク留学におすすめ!留学エージェントの活用方法

daria-nepriakhina-474558-unsplash

ニューヨークへの留学を検討する際には、上手にエージェントを活用しましょう。

今回は、留学時に活用したいエージェントについて詳しくご紹介します。

 

■留学エージェントを活用するメリット

 

エージェントを活用すると、その人に合った学校やプランなどを提案してもらえます。

効率的に留学準備を進めたい場合、エージェントを活用しましょう。

ニューヨーク留学について専門的な知識があるエージェントと、日本語でやり取りをしながらスムーズに留学準備ができます。

 daria-nepriakhina-474558-unsplash

■注意したい留学エージェント

 

ニューヨーク留学を充実させるカギとなる存在のエージェントは、しっかりと見極めて選びたいものです。

中には、あまりおすすめできないエージェントもあるため注意しましょう。

エージェント選びで気を付けたい主な注意点は次の3つです。

 

・全てがパッケージ価格

価格に見合ったサービスかどうかを見極めましょう。

学校手続きからフライトの手配など、留学をトータルでパッケージにしているエージェントの中には、不必要なサービスや多めの手数料を盛り込んでいるケースがあります。

必要なサービスだけを提供しているかチェックしてみましょう。

 

・現地について詳しくない

留学する学校を選ぶ際には、現地についての様々な情報が欲しいはずです。

ニューヨークについて詳しい留学エージェントなら、現地に関する情報量が多く安心できます。

授業の質、治安から学校周辺のランチ情報まで、現地について詳しくないエージェントでは十分な対応をしてもらえません。

 

・ビザ取得の実績がない

ニューヨーク留学では、年々ビザの取得が難しくなっています。

ビザの所得実績がないエージェントは、ビザに精通していないと言えます。

ビザの取得率を上げる方法や、ビザを却下されにくい学校選び、面接対策など、留学のプロとして知っておくべき知識があるかどうかを見極めましょう。

tra-nguyen-459276-unsplash

■おすすめできる留学エージェントとは

 

充実したニューヨーク留学のために選びたい、おすすめの留学エージェントは、以下のチェックポイントをクリアしているかどうかで探してください。

 

・現地サポートが充実している

ニューヨークに現地オフィスがあり、定期的に学校の視察を行うエージェントが良いでしょう。

 

・留学前から手厚いサポートがある

留学の前に説明会や、英会話のレッスンを行っているエージェントがおすすめです。

帰国後のサポート体制として、就職案内や留学交流会などの充実度もチェックしましょう。

 

・エージェントも留学経験がある

ニューヨークへの留学経験があり、親身になって対応してくれるエージェントを選びましょう。

留学エージェントを活用するメリットや注意点を知って、満足度の高いニューヨーク留学を実現しましょう。

bicad-media-39529-unsplash

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

持っていって良かったものは?マルタ留学の持ち物チェック

photo-1504609773096-104ff2c73ba4-1

留学を前に現地に何を持っていったら良いのか、持ち物で迷う人も多いでしょう。

今回は、マルタ留学の際に持っていった方が良いものや、現地でも調達できるものをご紹介していきます。

マルタへの留学が決まり、持ち物をこれから準備するという人はぜひチェックしてみてください。

■持っていった方が良い持ち物

マルタへの留学に向けて持ち物を準備する場合、次のものはぜひ荷物に入れておきましょう。

まず、常備薬です。

基本的な薬はマルタでも手に入るものの、飲み慣れた日本製の常備薬を持参した方が安心できます。

特に乾燥した気候のマルタでは風邪を引きやすいため、風邪薬は忘れずに持ち物に入れておくようにしましょう。

次に、留学中に毎日使う文房具は日本から使いやすいものを持っていくことをおすすめします。

特にマルタの消しゴムは使い心地があまり良くないため、日本から消しゴムを複数持って行くと良いでしょう。

また、ホストファミリー向けのお土産は日本らしさがあって、かつ消費するタイプがおすすめです。

歌舞伎役者が描かれたパックなども喜ばれます。

クラスメイトにあげるプチギフトとして、折り紙やお菓子類も持ち物に加えましょう。

さらに、留学の荷物にはぜひ箱ティッシュも入れてください。

マルタで売っているティッシュは固いので、鼻炎気味の人は特に日本から柔らかいティッシュを持参しましょう。

石鹸・シャンプー・リンスなども、使い慣れたブランドのものを持っていった方が良いです。

ヘアケア用品などはマルタでも手に入るものの、髪質に合わずスタイリングに困る場合があります。

バスタオルは薄手の速乾タイプがおすすめです。

滞在先の日当たりが多少悪くても安心で、ビーチに出かける際にも便利に使えます。

最後に変換プラグは持ち物に必ず加えましょう。

できれば世界各国で使えるタコ足の変換プラグを入手し持参してください。

留学中に使うスマホ・タブレット、モバイルバッテリー、PCなど様々なアイテムの充電を一挙に担ってくれます。

 

photo-1504609773096-104ff2c73ba4-1

 

■現地調達ができるもの、持っていかなくて良いもの

なるべくコンパクトにしたい留学の荷物には、余計な持ち物を入れたくないものです。

念のため、あるいは多めに持って行ったけど、結局必要なかったり留学先で手軽に買えたりするものもあります。

まず、洋服や下着は最低限で良いでしょう。

多めに持参するよりは、現地で買うためのお金を多めに用意することをおすすめします。

日焼け対策のストールなども、マルタなら素敵な素材で格安な商品がたくさん売っています。

また、電子辞書も持っていかなくても良いでしょう。

スマホさえあれば、電子辞書アプリが使えます。

マルタでももちろん生活に必要なアイテムは揃えられますが、自分に合わないものを使うことでストレスが溜まることもあります。

お気に入りのブランドや、普段よく使っているものはできるだけ日本から持っていった方が良いでしょう。

 

photo-1492250817888-f4ea0ed5d3f0-1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

人気上昇中!マルタ留学が選ばれる理由とは?

最近、留学先としてマルタの人気が上昇しています。

決して知名度が高いとは言えないマルタが、なぜ人気渡航先として留学生に選ばれているのか気になる人も多いでしょう。

なぜマルタ留学が選ばれるのか、その理由をご紹介します。

ヨーロッパの色々な国の人と交流できる

理由の1つ目は、ヨーロッパの様々な国の留学生と交流ができる点が挙げられます。

ヨーロッパでは夏休みの語学留学先として定番であるマルタには、多くの国からの留学生が集まります。

ドイツ、ロシア、フランス、スイス、ウクライナ、ハンガリー、トルコ、スペインなど、様々な国の人と知り合い、一緒に学べる環境が人気の理由です。

やはり、せっかくの留学先で、一緒に学ぶ人が同郷の人ばかりではもったいないと考える人は多いでしょう。

それぞれの国の文化の違いや、お国柄、複雑な国の事情などを留学生活で学べる点にもマルタ留学の魅力があります。

また、マルタ人は話すことが大好きなので、コミュニケーションがたくさん取れます。

陽気な人が多く、治安もよいマルタだからこそ、安心して英語を使ったコミュニケーションを楽しめます。

様々な国の人ともっと話したい、英語でコミュニケーションしたいという気持ちも、自然に湧いてくるでしょう。

duy-pham-704498-unsplash

美しい地中海・素晴らしい世界遺産が待っている

理由の2つ目は、真っ青な美しい地中海です。

マルタはヨーロッパの人気リゾート地で、透き通った青い海「ブルーラグーン」の美しさを満喫できます。

留学中に勉強の合間に、ダイビングなどのアクティビティも楽しめます。

また、小さい島のマルタには世界遺産が3つもある点も、留学先として選ばれる理由に挙げて良いでしょう。

紀元前の地下墳墓、中世の趣を感じさせる大聖堂など、歴史を感じさせる遺産が点在しています。

sean-o-406693-unsplash

ヨーロッパ圏内で、なおかつ物価や留学費が安い

理由の3つ目は、マルタがヨーロッパ圏内にある島だという点です。

EU加盟国なので、留学中に週末を利用してギリシャやイタリアへの小旅行、あるいはシチリア島へのクルーズ旅なども可能です。

しかも、できるだけ費用を抑えたい留学では、マルタの物価の安さも選ばれる理由となっています。

基本的に物価が高めなヨーロッパ圏内でも、マルタは比較的物価が安く、留学費用を安く抑えられます。

マルタは留学先として様々な魅力に溢れており、選ばれている理由が分かります。

美しい海、歴史を感じさせる遺産を満喫しながら、ヨーロッパ各国からの留学生と充実した時間を過ごせ、しかも留学費用もリーズナブルです。

留学先選びで迷った際には、ぜひマルタを候補の1つに加えてみてください。

anastasia-dulgier-1155961-unsplash

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

社会人にはニューヨーク留学がおすすめ!その理由とは?

vasily-koloda-620886-unsplash

ニューヨーク留学は学生にはもちろん、多くの社会人からも選ばれています。

幅広い年代で支持されるニューヨーク留学が、なぜ社会人に選ばれているのか、選ばれている理由とメリットをご紹介しましょう。

■社会人にニューヨーク留学が選ばれている理由

 

社会人にニューヨーク留学が選ばれている理由はいくつかあります。

まず、アメリカの大学には社会人も入学が可能だという点です。

海外の大学へ留学して、キャリアアップやキャリアチェンジをしたい社会人にこそ、ニューヨーク留学はおすすめできます。

アメリカでは大学で学んだ専門分野が就職を左右します。

そのため、仕事につながる専門的な学びをしようと、意識の高い学生が集まっています。

専門分野での学びを深めたい社会人なら、しっかり学べる環境が整っているニューヨークへの留学がおすすめなのです。

また、ニューヨークは観光にもピッタリな都市という点が挙げられます。

ニューヨークにはエンターテインメントが多く存在し、英語を学んで観光も満喫できます。

勉強も観光も楽しみたい場合、ある程度の予算的な余裕が必要です。

社会人だからこそ、留学生活を通してニューヨークを様々な角度から楽しめると言えるでしょう。

 

mike-c-valdivia-553396-unsplash (1)

 

■社会人がニューヨーク留学するメリット

 

ニューヨーク留学が社会人にメリットとなる点は主に3つあります。

1つ目は、アメリカでの就職に有利となる点です。

就職活動で学歴や職務経験が重視されるアメリカでは、留学経験があると幅広い就職活動が可能となります。

12ヶ月の有給インターンとして働ける権利は、大学での学位が9ヶ月以上必要です。

2つ目は、MBAやビジネス英語などの実務経験があるからこそ学べる内容が豊富な点が挙げられるでしょう。

3つ目のメリットは、帰国後にニューヨーク留学での経験や、現地で磨いた英語力が評価される点です。

部署移動や栄転、有利な条件での転職などにつながりやすくなります。

vasily-koloda-620886-unsplash

 

■社会人だからこそニューヨーク

 

充実した留学生活を送りたい場合、どんな人とどんな時間を共有できるかという視点も必要でしょう。

社会人が留学先を選ぶ際、周りが学生だらけ、しかも日本人だらけでは「こんなはずではなかった」と思うはずです。

様々な人々が生活するニューヨークでは、学校にも幅広い年代の人たちがいるため、社会人でも年齢を気にせずに過ごせます。

また、社会人だからこそアートやファッション、ダンスなど多様なエンターテインメントを楽しむことができるでしょう。

そして、社会人という目線からニューヨークでの人々の過ごし方や生き方に触れ、自分の人生観に反映されていきます。

新しいキャリアや生き方のきっかけになることもあるニューヨーク留学は、社会人にこそおすすめです。

ぜひニューヨーク留学を次のステップに活かしてみましょう。

christopher-skor-1894-unsplash

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0