【期間別】シドニーの留学の費用はどのくらいかかるの?項目ごとに解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ネス用アイキャッチ (49)

こんにちは、留学ライターのもりなつ(@morinatsu1)です。

 

留学先として人気のあるオーストラリアですが、同時に物価が高い国としても知られています。

特にシドニーは生活にかかる費用が高め。

しかし、オーストラリアの特にシドニーは働き口もたくさんあるので、現地での生活費をまかなうこともできます。

そんなシドニーの留学でかかる費用を期間別に紹介します。

あわせて、内訳も解説するので、これからシドニーへの留学を検討している方はチェックしてみてくださいね。

 

ネスグローバルに無料見積もりを依頼してみる

 

シドニー留学でかかる費用を期間別に紹介

898edacfb8a7c8f5c091854e06c4ba23_s (1)

目安として1ヶ月・3ヶ月・6カ月・12か月のシドニー留学にかかる費用を一覧にしたので、あなたの希望する期間をチェックしてみてくださいね。

 

1ヶ月(観光) 3ヶ月(観光) 6カ月(学生) 12か月(学生)
授業料 約13万 約35万 約60万 約110万
ビザ費用&OSHC - - 約6.7万 約8.5万
海外旅行保険 - - 約11万 約20万
航空券 約10万 約10万 約6万 約6万
その他準備費用 約1.6万 約2万 約2万 約2万
滞在費 約6万円 約18万円 約36万 約72万
食費 約5万 約15万 約30万 約60万
交際費 約3万 約9万 約18万 約36万
総額 約38.6万 約89万 約169.7万 約314.5万

※(観光)=観光ビザ/(学生)=学生ビザ
※海外旅行保険:3カ月まではクレジットカード付帯で0円
※航空券:1,3ヶ月は往復、6,12ヶ月は片道
※その他準備費用:健康診断(観光ビザを除く)、パスポート申請

 

シドニー留学の費用の内訳を解説!

105490343e818a1e8392924099189f7c_s (1)

上記でご紹介した、費用の内訳を詳しく解説していきます。

  1. 授業料
  2. ビザ費用&OSHC費用
  3. 海外旅行保険費用
  4. 航空券費用
  5. その他準備費用
  6. 滞在費
  7. 食費・交際費

 

シドニー留学費用の内訳①:授業料

ここでいう授業料とは、学金・授業料・教材費が含まれます。

入学する語学学校によってかかる費用は異なるので、気になる学校の公式サイトやパンフレットで費用を確認してみましょう。

また、授業のコマ数やコースの種類によっても費用は異なります。

 

シドニーでおすすめの語学学校の費用はこちらをチェックしてみてくださいね。

 

シドニー留学費用の内訳②:ビザ費用&OSHC費用

シドニーの留学では、3つのビザを留学期間によって使い分けることができます。

観光ビザ 学生ビザ ワーキングホリデービザ
期間 3ヶ月以内 3ヶ月以上5年以内 1年以内
申請費用 無料(ETAS) 約4.6万 約3.6万
OSHC 不要 必要 不要

 

OSHC(海外留学生健康保険)とは学生ビザの有効期間中に病気やけがをした場合にサポートしてくれる保険のことです。

とはいえ、歯の治療や盗難、破損などカバーされていないものもあるので、海外保険に入ることを推奨しています。

OSHCは語学学校側が代行で手続きをしてくれるので、費用を留学費用を支払う際に併せて支払います。

 

シドニー留学費用の内訳③:海外旅行保険

海外旅行保険は必須ではありませんが、現地で病気にかかってしまった際、外国人の場合は多額に請求をされてしまいます。

万が一のことを考え、加入しておくのがベスト。

コストを抑えたい方は、保険を掛ける項目を選べる保険会社もあるので、事前に調べて加入しましょう。

3ヶ月以内の短期留学であれば、クレジットカード付帯の海外旅行保険を使用することも可能です。

利用する場合はお持ちのカードの補償内容を忘れずに確認しておきましょう。

 

シドニー留学費用の内訳④:航空券

航空券はビザのタイプによって、片道チケットで良いのか、それとも往復チケットが必要なのか異なります。

  • 観光ビザ:往復チケットが必要
  • 学生ビザ・ワーキングホリデービザ:片道チケットのみでOK

Skyscannerなどの格安航空券が比較できるサイトであれば、コストを抑えて航空券を購入することができます。

 

シドニー留学費用の内訳⑤:その他準備費用

パスポートの申請をしていない場合は、受け取りまでに1週間はかかるので、早めの段階で申請を済ませておきましょう。

  • 5年有効:11,000円
  • 10年有効:16,000円

また、ワーキングホリデーの場合は、事前の健康診断が義務付けられています。

一般的には胸部レントゲンと内科検診が必要な内容で、料金は5,000~10,000円と施設によってさまざまです。
ビザを申請する前に検査を受けておきましょう。

 

シドニー留学費用の内訳⑥:滞在費

現地での滞在費は3つの選択肢があります。

  • ホームステイ
  • 学生寮
  • シェアハウス

コストは立地や部屋のタイプ(個室・複数人部屋など)によってさまざまですが、一番高額なのがホームステイ、次に学生寮、一番安く抑えられるのがシェアハウスです。

 

シドニー留学費用の内訳⑦:食費・交際費

シドニーはオーストラリアの中でも物価が高く、食費は日本と同じぐらいです。

外食する場合は、プラスでチップも必要になるので、日本より高くなると思っておいた方が良いでしょう。

スーパーやマーケットなどで野菜やお肉、魚などが簡単に手に入るので、自炊を基本にするのがベターです。

もしくは飲食店でアルバイトをすればまかないが出るので食費を抑えることも可能になります。

また、週末には友人と出かける可能性もあり、交際費も必要になるでしょう。

とはいえ、本業は英語学習なので、遊び過ぎには注意し、気分転換として観光やビーチに出かけるようにしてくださいね。

 

まとめ:物価が高めなので節約を心がけよう

9e8c01468157229aaf93aa10d7aaaf30_s (1)

日本より物価の高いと言われるシドニーでは、少しの工夫で生活コストを下げることができます。

また、学生ビザではアルバイトも許されているので、英語を使って働くという体験もしながら、お小遣いを稼ぐことも可能です。

費用を抑えてシドニーに留学したいという希望をお聞かせいただければ、ネスグローバルであなたにあった留学プランを提案いたします。

いつでもお問い合わせください。

 

ネスグローバルに無料見積もりを依頼してみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。