【期間別】メルボルン留学の費用っていくらかかる?相場や内訳を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、留学ライターのもりなつ(@morinatsu1)です。

 

自然がたくさんあり、観光やアクティビティが楽しめるオーストラリア。

シドニーと同様、メルボルンも留学生に人気の都市となっています。

特にカフェやウォールグラフィックがたくさんあることでも知られているので、バリスタやアートのを学びに来る方も多いです。

今回はそんなメルボルンでの留学費用について、期間別にご紹介します。

メルボルンへの留学を検討している方は参考にしてみてくださいね。

 

ネスグローバルに無料見積もりを依頼してみる

 

メルボルンの物価はどのくらい?

aac6a05e60a96299a7250e4b29e62f50_s

まずはメルボルンの物価から見ていきましょう。

メルボルンをはじめ、オーストラリアの物価は日本よりも高いと言われています。

しかし、お給料も日本に比べて高いので、物価が日本よりも高いのは当たり前と言えます。

  • メルボルンの最低時給:約19ドル(約1,400円)
  • 東京の最低時給:約1,000円

ちなみにシドニーと物価を比べると、メルボルンの方が全体的にコストは安くなります。

 

メルボルンへの留学で期間別にかかる費用

45b3d983dbd27ccc67fbdd779d99e520_s

目安として1ヶ月・3ヶ月・6カ月・12か月のメルボルン留学にかかる費用を一覧にしたので、あなたの希望する期間をチェックしてみてくださいね。

 

1ヶ月(観光) 3ヶ月(観光) 6カ月(学生) 12か月(学生)
授業料 約11万 約28万 約60万 約125万
ビザ費用&OSHC - - 約6.7万 約8.5万
海外旅行保険 - - 約11万 約20万
航空券 約6万 約6万 約4万 約4万
その他準備費用 約1.6万 約2万 約2万 約2万
滞在費 約5万円 約15万円 約30万 約60万
食費 約4万 約12万 約24万 約48万
交際費 約1万 約3万 約6万 約12万
総額 約28.6万 約66万 約143.7万 約279.5万

※(観光)=観光ビザ/(学生)=学生ビザ
※海外旅行保険:3カ月まではクレジットカード付帯で0円
※航空券:1,3ヶ月は往復、6,12ヶ月は片道
※その他準備費用:健康診断(観光ビザを除く)、パスポート申請

 

メルボルンの留学費用の内訳

056367c689efc4689ba77d7a8b514510_s

  1. 授業料
  2. ビザ費用&OSHC費用
  3. 海外旅行保険費用
  4. 航空券費用
  5. その他準備費用
  6. 滞在費
  7. 食費・交際費

 

メルボルンの留学費用の内訳①:授業料

ここでいう授業料とは、学金・授業料・教材費が含まれます。

入学する語学学校によってかかる費用は異なるので、気になる学校の公式サイトやパンフレットで費用を確認してみましょう。

また、授業のコマ数やコースの種類によっても費用は異なります。

 

メルボルンでおすすめの語学学校の費用はこちらをチェックしてみてくださいね。

 

メルボルンの留学費用の内訳②:ビザ費用&OSHC費用

メルボルンの留学では、3つのビザを留学期間によって使い分けることができます。

観光ビザ 学生ビザ ワーキングホリデービザ
期間 3ヶ月以内 3ヶ月以上5年以内 1年以内
申請費用 無料(ETAS) 約4.6万 約3.6万
OSHC 不要 必要 不要

 

OSHC(海外留学生健康保険)とは、学生ビザの有効期間中に病気やけがをした場合にサポートしてくれる保険のこと。

とはいえ、歯の治療や盗難、破損などカバーされない項目もあるので、海外保険に入ることを推奨しています。

OSHCは語学学校側が代行で手続きをしてくれるので、費用を留学費用を支払う際に併せて支払いましょう。

 

メルボルンの留学費用の内訳③:海外旅行保険費用

海外旅行保険は必須ではありませんが、現地で病気にかかってしまった際、外国人の場合は多額に請求をされてしまうため、万が一のことを考え、加入しておくのがベスト。

コストを抑えたい方は、保険を掛ける項目を選べる保険会社もあるので、事前に調べて加入しましょう。

3ヶ月以内の短期留学であれば、クレジットカード付帯の海外旅行保険(無料)を使用することも可能です。

利用する場合はお持ちのカードの補償内容を忘れずに確認しておきましょう。

 

メルボルンの留学費用の内訳④:航空券費用

航空券はビザのタイプによって、片道チケットで良いのか、それとも往復チケットが必要なのか異なります。

  • 観光ビザ:往復チケットが必要
  • 学生ビザ・ワーキングホリデービザ:片道チケットのみでOK

Skyscannerなどの格安航空券が比較できるサイトであれば、コストを抑えて航空券を購入することができます。

ちなみにメルボルンはシドニー行きよりも若干安めです。

 

メルボルンの留学費用の内訳⑤:その他準備費用

その他の準備費用は、パスポートの申請、ビザの種類によって健康診断が必要になります。

パスポートの申請をしていない場合は、受け取りまでに1週間はかかるので、早めの段階で申請を済ませましょう。

  • 5年有効:11,000円
  • 10年有効:16,000円

また、ワーキングホリデーの場合は、事前の健康診断が義務付けられています。

一般的には胸部レントゲンと内科検診が必要な内容で、料金は5,000~10,000円と施設によってさまざまです。
ビザを申請する前に検査を受けておきましょう。

 

メルボルンの留学費用の内訳⑥:滞在費

滞在費は学校が手配してくれるホームステイや学生寮の場合月10万円ほどかかります。

一方でシェアハウスであれば、月5~8万円とおさえることができるので、長期滞在を予定している場合は、シェアハウスに移るのがおすすめです。

 

メルボルンの留学費用の内訳⑦:食費・交際費

メルボルンは外食をすると、食費がかさんでしまうので、毎食外食は避けるようにしましょう。

毎食自炊ができれば、月2~3万円程に抑えることも可能です。

交通費は滞在場所や行動範囲にもよりますが、トラムは街の中心部であれば無料で乗車できるので、かなり抑えることができます。

 

まとめ:シドニーよりも物価は安め

efec159b9f79853596c30304f9f49124_s

オーストラリアの中では第二の都市と言われているメルボルン(第一の都市はシドニー)。

日本より物価は高めですが、シドニーに比べると若干安くなります。

トラムが無料で乗車できるので、交通費を節約できるのは大きなポイントになるでしょう。

あなたの希望をお聞かせいただければ、ネスグローバルで最適な留学プランを提案いたします。

いつでもお問い合わせください。

 

ネスグローバルに無料見積もりを依頼してみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。