2016年3月15日より、カナダ入国要件が変わります!

スクリーンショット 2015-11-07 10.59.34

2015年3月15日よりカナダの入国に電子渡航認証(eTA)が必要になります!以下、カナダ大使館より提示された内容です。来年、カナダに留学予定の方はぜひご覧ください!

電子渡航認証(eTA) とは?

eTAは、カナダ入国ビザが免除されている国籍の方が、カナダに空路で渡航する際に必要となる新しい要件です。eTAはご本人のパスポートに電子的にリンクされ、有効期間は最長5 年間、またはパスポートの有効期限までとなります

eTAが必要な人は?

米国以外の国籍で、かつカナダ入国にビザが必要な籍の方は、渡航前にeTAを取得しなければなりません。該当する国は、Canada . ca/eTAでご覧いただけます。カナ陸路または海路で入国する場合、eTAは不要です

eTAが2016年3月15 日に義務化された後は、

カナダ永住権保有者:

路でカナダに入国する際には、eTAは不要で、すが、現行と同様に、カナダの永住者カード(permanentresident card) を携帯ていることが必要で有効な永住者カドを持っていない場合はカナダ行きの便に搭乗できなこともあります

米国永住権保有者:

路でカナダに入国する際にはeTAが必要です(米国のグリーンカーも携帯していなければなりません) 陸路または海路でカナダに入国する場合は、eTAは不要で

留学生/一時就労者:

2015年8 月1 日以前に就学許可証/就労許可証の発給をけていて、eTAが必な国籍の方が、カナダから空路で出国と再入国を予定している場合は、eTAが必要で

カナダ入国にeTAが必要になるのはいつから?

eTAが義務付けられるのは、2016年3 月15 からです。当する渡航者は、2015年8 月1 日からオンラインでeTAの申請を行うことができます。

eTAの申請方法は?

eTAの請は、オンラインの簡単な手続きにより数分で行えます。必要なものは、1\スポート、クレジッドとEメールアレスです取得金は7カナダドルで、有効期間は最長5年間です。Canada.ca/eTAでお申し込みください。

eTAが義務化された後、eTAを取得せずに空港に到着したら?直前にeTAを取得する方法は?

インタネットにアクセスで、きるデバイス(携帯電話を含む)があれば、直前でもeTAの申請は可能です。eTAはオンラインで簡単に申請でき、ほとんどの場合、数分以内にEメールによる回答を受け取ることができますしかし万全を期するために、カナダへの渡航を計画し始めたらすぐにeTAを取得することをお勧めします。

eTAを取得していることの証明として書類をプリントアウトする必要がありますか?

は必要ありませんeTAは、電子的にご本人のパスポートにリンクされますeTA 申の際に使ったパスートを携帯していれば問題ありません

【速報】2015年 カナダ ワーキングホリデー ようやく申請開始!

2015年カナダワーキングホリデー募集要項

みなさん、おまたせいたしました!
カナダのワーキングホリデーの申請が2015年4月23日から申請受付開始されます!

条件は前年と変わらずですね。

・日本人であること

・ワーホリ申請は1人1回まで

・カナダに滞在中、有効なパスポートを保持していること

・18歳から30歳の間に申請すること

・$2500の資金を持っていること

・滞在中にカバーされる保険に加入していること

・往復航空券か、帰りの航空券が購入できる資金を証明できること

・申請料金を払うこと

http://www.cic.gc.ca/english/work/iec/index.asp

 

詳しいことはぜひネスグローバルまでご質問ください!

http://www.nes-global.com/est/index.php?c=CA&sc=ワーキングホリデー

2015年【イギリス学生ビザ】申請方法が変更になりました!

2016年イギリスワーホリビザ

イギリスで長期に滞在するためのビザの申請について、以下の変更が出ていますので、近日申請予定の方はご注意ください。

■Tier 4
4月6日以降に従来のIELTSを受験された場合、そのスコアはイギリスビザ申請の英語力証明としては認められなくなります。4月6日以降受験される方は一般のIELTSではなくIELTS for UKVIの方の受験が必要になります(受験申込の際に必ずビザ申請目的であることを申し出てください)。なお、4月5日以前に受験した試験結果(スコア)は、2015年11月5日までビザ申請をされる場合に限り認められます(必ずその旨をUKVIに伝える必要があります)。

■6ヶ月以上の滞在
4月6日以降は、6ヶ月以上の滞在者は全てNHS(National Health Service)加入が義務化されます。よって、Health surcharge£200を申請の時点で払っていないとビザは却下されます(Tier5 Youth Mobility Schemeで2年希望の方は£400)。なお、ビザが却下された場合は、このHealth surchargeは返金されますが、ビザ取得後に滞在期間が予定より短くなった場合の返金はありません。

■ビザ手続き
5月31日より、日本でビザ申請を行いますと、申告した入国日から30日間有効のResidence PermitとGov.UKからのレターが届きます。入国後10日間以内にGov.UKに指定されたPost OfficeにてBiometric residence permitsを受け取り、最終的にビザを有効にします。この入国後のステップを踏まないと不法滞在になってしまうので注意が必要です。また、入国が30日以上遅れた場合は、Residence Permitは無効になってしまうので、ゼロからビザ申請をやり直さなければなりません。

【2015年】カナダ ワーキングホリデーの募集要項は?!

2015年カナダワーキングホリデー募集要項

【2015年】カナダ ワーキングホリデーの募集要項

詳細は2015年2月中旬に発表になります。今年は、3月以降の出発で考えなければならなさそうです。詳細が発表になり次第、こちらの情報も更新いたしますが、2014年の募集要項は以下のとおりでした。

◯募集人数:6500人(定員になり次第終了)

◯参加資格要件:下記の要項条件を満たしていることが申請できる条件です。

  • 日本の国籍である
  • カナダに滞在期間中、有効な日本のパスポートを所有している
  • 年齢が、申請書受理時点で、18歳以上30歳以下である (出発時の年齢ではありません)
  • 以前にこのプログラムを申請し、ワーキングホリデー就労許可通知書の発給を受けていない
  • 最低2,500カナダドル相当の資金を有している (およそ20万円)
  • 滞在期間中の障害、疾病をカバーする医療保険に加入する (カナダに入国する際、医療保険の加入を証明するものを提示するよう、求められる場合があります)
  • 150カナダドル相当のプログラム参加費の支払いができる
  • 往復航空券もしくは片道チケットの場合、帰国分のチケット購入を証明する資金証明を準備する
  • カナダ入国が認められる許容である
  • 家族などの同伴がない

いまのうちからいろいろとカナダについて詳細を知りたいという方は、
こちらからお問い合わせください!

http://nes-global.com/est/index.php?c=CA