国内の留学会社で初 外務省の「たびレジ」と連携

テロ事件や災害など留学先の緊急情報を迅速に入手可能に

海外留学の手配を行うネスグローバル株式会社(本社:東京都新宿区)は、近年頻発するテロ事件や自然災害など、海外渡航者の様々なリスクに対応するために、国内留学会社で初めて外務省が提供する海外旅行登録システム「たびレジ」への自動登録サービス連携を2016年9月27日(火)に開始いたします。
たびレジ サービスイメージ
たびレジ サービスイメージ
ネスグローバル: https://www.nes-global.comたびレジ: https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/

【サービス連携の背景】
フランス留学でも人気の都市である、フランス南部の都市ニースで2016年7月16日(土)に起こったトラックテロをきっかけに、さらなる留学生の方の安全を計るため、「たびレジ」へのサービス連携を急ぎました。

【留学時の迅速な情報入手が可能】
今回当社が提供するサービスは、手配した留学先の国や都市、留学期間などの情報をもとに「たびレジ」へ自動登録をするものです。在外公館などから、滞在先の最新の渡航情報や緊急時の情報を迅速に入手することが可能になります。

【「たびレジ」とは】
「たびレジ」は、海外へ旅行や出張、留学される方が、旅行日程・滞在先・連絡先などを登録すると、滞在先の最新の海外安全情報や緊急事態発生時に連絡メールや、緊急連絡などが受け取れるシステムです本サービスは、外務省が2014年から提供しています。
2016年7月に文部科学省からも全国の大学向けに、海外旅行や夏休みの短期留学などをする学生への注意喚起を促す通知を出しており、「たびレジ」登録を求めています。

※2016年9月27日現在、「たびレジ」への自動登録に対応する会社は、HIS、DeNAトラベル、IACEトラベル、東芝マイクロエレクトロニクスと当社の5社のみ。

【グローバル人材育成のネスグローバル( https://www.nes-global.com )】
「ネスグローバル」は、英語圏・フランス語圏を中心に11カ国96都市400校を超える、海外の留学先に手配料0円で取次を行う留学会社です。
留学出発前の語学力サポートとして、東京都内7ヶ所・新潟・大阪で国内語学スクールを併設し、マンツーマンレッスンも提供しており、留学帰国者のために、英語に特化したグローバル人材紹介事業も展開しています。留学出発から帰国後のサポートを一貫して行うグローバル人材育成企業です。

商号  : ネスグローバル株式会社
代表者 : 代表取締役 櫛谷 泰輔
所在地 : (本社)〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-2-6 K1ビル4F
設立  : 2013年2月1日
事業内容: 海外留学手配事業、キャリア留学事業、外国語会話スクール事業
外国人講師派遣業、人材紹介事業
URL   : https://www.nes-global.com/

 

 

カナダ政府による電子渡航認証(eTA)導入猶予期間の延長

カナダ政府は、2016年9月29日までとしていた電子渡航認証(Electronic Travel Authorization(eTA))の取得義務の猶予期間を、本年11月9日までに延長しました。 したがいまして、11月10日以降にカナダに空路で入国する場合には、eTAの事前取得が必要になりますので、ご注意ください。

アイルランド留学に関わる銀行口座開設について

アイルランドでの銀行のポリシーが、2016年9月1日から変更になり、外国人登録での財産証明の仕方も変更となりました。
【銀行の変更】
12か月以上の大学、大学院に通う生徒にのみ、学校の書類を利用して学生の銀行口座開設を可能とする。語学学校の学生は学校の書類では学生用の銀行口座の開設が出来ない。
 (一般用の銀行口座の開設には公共料金支払い等の住所証明が必要。)
【外国人登録での財産証明の仕方の変更】
学生の滞在で90日を超える場合には下記の方法で財産証明が必要
*90日以上〜6か月以内 : €500×滞在月数 もしくは €3000
*6か月以上〜1年 : €3000
①アイルランドの銀行口座に該当残高の証明を提示(今まであったもの)
②発行から1か月未満の各国での銀行の残高証明、過去の入出金の記録、
 その銀行から発行されたデビットカード。
 (銀行口座の名前は外国人登録をする本人の名前である事。また、その名前は
 パスポートの表記と同じである事。デビットカードの名前の表記も同じく。)
③中央Bank of Ireland発行による、その学生に対する財産保有証明書類。
④プリペイドのクレジットカード又はデビットカード、そしてその残高証明。
 
ワーキンホリデーの方は今まで通り残高証明は外国人登録に必要ありません。
学生、ワーキングホリデー共に、仕事が見つかれば雇用主に協力を仰いで一般用銀行口座が開設出来る事に変更はありません。

これから留学へご出発される方へ 外務省の【たびレジ】のご登録を!

外務省たびレジ

 

日本の文部科学省よりこれから留学へご出発される方に
外務省の「たびレジ」システムへの登録の要請が出ています。
海外の安全情報や緊急時の情報提供や安否確認が迅速に行えますので、
出発前にぜひ登録をされてください。

登録することで以下の恩恵を受けることができます。

1,出発する留学先への海外安全情報などが見られます
2,在外公館が出す緊急一斉通報・最新海外安全情報メールが届きます
3,緊急時に登録先の電話番号や宿泊先に安否確認の連絡が来ます

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/

ぜひこれから留学にご出発される方はご登録をしてください!

【重要】2016年7月1日から オーストラリア 学生ビザのフレームワークが変更!

オーストラリア大使館
本日、弊社スタッフがオーストラリア大使館での学生ビザ申請方法の変更になる説明会に参加して参りました。
今後のオーストラリア学生ビザの申請は簡単になる予定ですが、変更に伴う申請の混乱は予想されますので、2016年7月以降に学生ビザで渡航予定の方は余裕を持った申請の準備をしましょう。
◯オーストラリア 学生ビザの変更ポイント
  • 郵送でのビザ申請は廃止。全てオンライン化
  • 下記ELICOSでの通学期間に制限がなくなります
  • アセスメントレベル(簡単に言うと国籍によるビザ取得難易度レベル分け)が撤廃され、以下の2つの点が確認されます。なお、以下の国籍、学校のリスクレベルの公開はされませんのでご注意ください。
    • 申請者の国籍
    • 通学予定の学校
  • 現行サブクラス8種類 → 以下の2種類のみになります
    1,サブクラス500 → ELICOS(エリコス:一般向け)
    • ストリームライン S(必要書類がない方向け)
    • レギュラーライン R(必要書類がある方向け)
    2,サブクラス590 → Guardian(ガーディアン:未成年・親子など)
Education provider

Immigration risk
(学校のレベル)
Country Immigration Risk
(国籍のレベル)
One Two Three
One S S S
Two S S R
Three S R R
※Rとして追加で必要な場合、申請後に以下の追加書類が必要になる場合がある
  1. 残高証明
  2. 健康診断
  3. 成績証明
◯注意
※6月中は現行のビザ申請方法でだいじょうぶですが、オンライン申請が2016年6月30日はメンテナンスになる予定なのでギリギリの申請はNGとなります。
※ビザの申請方法・申請料・申請書類については、半年に一度アップデート予定とのことなので十分ご注意ください。
【オーストラリア大使館のサイト参照】

【4名限定!!】–マレーシア・インターンシップ–

unnamed

【4名限定!!】–マレーシア・インターンシップ–

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

マレーシアでのインターンシップのプログラムの特派員を募集しております!!

現地にある日系・マレー系の企業でのインターンシップに挑戦しませんか?

経済成長著しいグローバル都市のマレーシアで実践で就職ににも役に立つスキルを!!

特徴1】英語に自身がない方も安心な事前英語グループレッスン付き

【特徴2】現地企業でより実務に近い実践的な実務が経験が積める

4名限定!!(定員に達した時点で締め切りとさせていただきます。)
【インターンシップ手配費用】
298,000   165,000~

●英語力:日常会話程度以上(企業によって異なる)
●対象:18歳以上(大学生以上)
●職務経歴:不問(企業によって異なる)

【ミッション!!】

~その1~
マレーシアインターン中に撮影した5枚以上の写真(ご自身が写った写真を含む)をご提供すべし!
※ネスグローバルのウェブサイトの『マレーシアインターン体験談』へ掲載許可をいただける方
~その2~
現地でのインターン内容・マレーシアでの生活の様子等FBやInstagramに週に1回UPすべし!
~その3~
どのな環境下でも社会人として最低限のマナーを持ち積極的に仕事をすべし!
~その4~
海外の風を感じながらマレーシアを楽しむべし!
~その5~
自分の能力に挑戦すべし!

【時期】
:通年
【期間】:4週間~12週間

【プログラム開始日】
参加者と受入企業によって決定

こんな方にオススメ
●マレーシアという東南アジアの発展が著しい環境で今後海外でキャリアを積むことに興味がある。
●語学留学より一段上の海外経験を積みたいと考えている。
●就活で武器になる海外経験を積みたい

【開催地】

クアラルンプール
※職種によっては都市が異なることもあります。

【受入れ先企業例(状況により変動あり)】

インターンシップ先は、人材、IT、不動産、飲食、ホテル、旅行、教育、出版、ベンチャー企業、参加者の経験や希望、英語力、スカイプインタビューを通して決定します。
主に日系企業です。(参加者の英語力や専門性により、マレーシア系企業もあり。)
※インターンシップは、すべて無償です。

ご希望の生徒様は担当ワタナベヨウコ迄お電話にてご連絡を頂くか下記メールアドレス迄メールにてご連絡を下さい。

【メールアドレス】 info@nes-global.com

【電話】 03-5937-5380


今しかできない経験を!「マレーシアインターンシップ留学」!
定員が達した時点で締め切りとなります為御了承くださいませ。

2016年3月15日より、カナダ入国要件が変わります!

スクリーンショット 2015-11-07 10.59.34

2015年3月15日よりカナダの入国に電子渡航認証(eTA)が必要になります!以下、カナダ大使館より提示された内容です。来年、カナダに留学予定の方はぜひご覧ください!

電子渡航認証(eTA) とは?

eTAは、カナダ入国ビザが免除されている国籍の方が、カナダに空路で渡航する際に必要となる新しい要件です。eTAはご本人のパスポートに電子的にリンクされ、有効期間は最長5 年間、またはパスポートの有効期限までとなります

eTAが必要な人は?

米国以外の国籍で、かつカナダ入国にビザが必要な籍の方は、渡航前にeTAを取得しなければなりません。該当する国は、Canada . ca/eTAでご覧いただけます。カナ陸路または海路で入国する場合、eTAは不要です

eTAが2016年3月15 日に義務化された後は、

カナダ永住権保有者:

路でカナダに入国する際には、eTAは不要で、すが、現行と同様に、カナダの永住者カード(permanentresident card) を携帯ていることが必要で有効な永住者カドを持っていない場合はカナダ行きの便に搭乗できなこともあります

米国永住権保有者:

路でカナダに入国する際にはeTAが必要です(米国のグリーンカーも携帯していなければなりません) 陸路または海路でカナダに入国する場合は、eTAは不要で

留学生/一時就労者:

2015年8 月1 日以前に就学許可証/就労許可証の発給をけていて、eTAが必な国籍の方が、カナダから空路で出国と再入国を予定している場合は、eTAが必要で

カナダ入国にeTAが必要になるのはいつから?

eTAが義務付けられるのは、2016年3 月15 からです。当する渡航者は、2015年8 月1 日からオンラインでeTAの申請を行うことができます。

eTAの申請方法は?

eTAの請は、オンラインの簡単な手続きにより数分で行えます。必要なものは、1\スポート、クレジッドとEメールアレスです取得金は7カナダドルで、有効期間は最長5年間です。Canada.ca/eTAでお申し込みください。

eTAが義務化された後、eTAを取得せずに空港に到着したら?直前にeTAを取得する方法は?

インタネットにアクセスで、きるデバイス(携帯電話を含む)があれば、直前でもeTAの申請は可能です。eTAはオンラインで簡単に申請でき、ほとんどの場合、数分以内にEメールによる回答を受け取ることができますしかし万全を期するために、カナダへの渡航を計画し始めたらすぐにeTAを取得することをお勧めします。

eTAを取得していることの証明として書類をプリントアウトする必要がありますか?

は必要ありませんeTAは、電子的にご本人のパスポートにリンクされますeTA 申の際に使ったパスートを携帯していれば問題ありません

【速報】2015年 カナダ ワーキングホリデー ようやく申請開始!

2015年カナダワーキングホリデー募集要項

みなさん、おまたせいたしました!
カナダのワーキングホリデーの申請が2015年4月23日から申請受付開始されます!

条件は前年と変わらずですね。

・日本人であること

・ワーホリ申請は1人1回まで

・カナダに滞在中、有効なパスポートを保持していること

・18歳から30歳の間に申請すること

・$2500の資金を持っていること

・滞在中にカバーされる保険に加入していること

・往復航空券か、帰りの航空券が購入できる資金を証明できること

・申請料金を払うこと

http://www.cic.gc.ca/english/work/iec/index.asp

 

詳しいことはぜひネスグローバルまでご質問ください!

http://www.nes-global.com/est/index.php?c=CA&sc=ワーキングホリデー

2015年【イギリス学生ビザ】申請方法が変更になりました!

2016年イギリスワーホリビザ

イギリスで長期に滞在するためのビザの申請について、以下の変更が出ていますので、近日申請予定の方はご注意ください。

■Tier 4
4月6日以降に従来のIELTSを受験された場合、そのスコアはイギリスビザ申請の英語力証明としては認められなくなります。4月6日以降受験される方は一般のIELTSではなくIELTS for UKVIの方の受験が必要になります(受験申込の際に必ずビザ申請目的であることを申し出てください)。なお、4月5日以前に受験した試験結果(スコア)は、2015年11月5日までビザ申請をされる場合に限り認められます(必ずその旨をUKVIに伝える必要があります)。

■6ヶ月以上の滞在
4月6日以降は、6ヶ月以上の滞在者は全てNHS(National Health Service)加入が義務化されます。よって、Health surcharge£200を申請の時点で払っていないとビザは却下されます(Tier5 Youth Mobility Schemeで2年希望の方は£400)。なお、ビザが却下された場合は、このHealth surchargeは返金されますが、ビザ取得後に滞在期間が予定より短くなった場合の返金はありません。

■ビザ手続き
5月31日より、日本でビザ申請を行いますと、申告した入国日から30日間有効のResidence PermitとGov.UKからのレターが届きます。入国後10日間以内にGov.UKに指定されたPost OfficeにてBiometric residence permitsを受け取り、最終的にビザを有効にします。この入国後のステップを踏まないと不法滞在になってしまうので注意が必要です。また、入国が30日以上遅れた場合は、Residence Permitは無効になってしまうので、ゼロからビザ申請をやり直さなければなりません。