未分類

社会人が留学するならフランスがおすすめ!その理由とは?

社会人でもスキルアップやキャリアアップを狙って留学を考えることがあるでしょう。

アメリカやカナダ、イギリスなど、留学先の国は多くありますが、フランス留学も社会人におすすめの国の一つとなっています。

そこで、フランス留学がなぜ社会人におすすめなのか解説していきましょう。

 

 

■フランス留学が社会人におすすめの理由①受入れ数の多さ

 

留学先と聞くと、アメリカやカナダを思い浮かべる人も多いかと思いますが、フランスは留学生の受入れ数が

アメリカとイギリスに次ぐ3番目であることが「フランス留学ガイド2016-2017」で発表されています。

 

その理由としてはフランス政府による積極的な支援です。

日本だけではなく韓国や台湾、フィリピンやタイなど、多くの国にフランス政府留学局があることで、媒体役となりフランス留学の支援を行っています。

 

b07a3654-2988_s

 

■フランス留学が社会人におすすめの理由②世界的言語

 

上記にあるように政府がフランス留学を支援していることで留学に訪れる社会人や学生は増加していきます。

そのため、フランス語を話す人が世界中に増えていくことが予想できます。

フランス語が公用語の国はコンゴ民主共和国やマダガスカル、カルメーン、コートジボワールなどを含めて多くの国があります。

 

約7000万〜1億3000万人もの人々が主要言語として使っており、留学者も増え続けることでビジネスでも

フランス語を使うことが考えられるので、フランス語を習得することで自身の活動の場を増やすことができるでしょう。

 

■フランス留学が社会人におすすめの理由③様々な専門分野を学べる

フランス留学が社会人におすすめできる理由としては、語学だけではない知識が学べる点にもあります。

フランスでは、専門的な分野を専攻し留学することが可能となっており、語学だけではなく料理やファッション、エステやメイク、アートなど、芸術の都ならではの知識を取り入れることができるのです。

そのため、転職を考えている人やさらなるスキルアップを目指している社会人にもフランス留学はおすすめできます。

 

 

■フランス留学が社会人におすすめの理由④観光

 

ヨーロッパと言えば美しい街並みが魅力です。

フランス留学を考えている社会人でも、ヨーロッパの街並みに憧れて

留学先に選んだという方は少なからずいらっしゃるでしょう。

ヨーロッパにおいては、シェンゲン協定に加盟している国であれば出入国審査をしないで

パスポートチェックのみで国々を移動できるので、フランス留学をしている社会人でも気軽に観光へ行けます。

 

france-appeal-5

 

フランス留学が社会人におすすめの理由を4つご紹介しました。

語学だけではない専門的な知識を学べる点は、他の留学先にはない魅力を持っています。

フランスへの留学であれば社会人の皆さんもショッピングや観光など、様々なことでリフレッシュできるので十分に楽しめるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

フランス留学の前に知っておきたい大学事情

アメリカ、イギリスに次ぎ、フランスは留学生の多いことで有名です。

フランスはファッションやアートなどが有名で、「芸術の都」とも言われています。

 

美しい街並みも魅力的であり、観光地としても有名です。

そのため、日本でもフランスを留学先として選ぶ人は多くいます。

 

フランス留学を考えたとしても大学事情について理解している人は少ないと思うので、フランス留学にも役立つフランスの大学事情について解説していきましょう。

フランス留学を考えている人はぜひ参考にしてください。

 

53bfcfff2720756a7a327cfd8d503fa3

 

 

■フランスの大学…費用はどれくらい?

ヨーロッパなので物価が高く大学費用も多く必要になるのではないかと考える人も多いでしょうが、フランスの大学費用は安いことで有名です。

フランスには80を超える大学があり、そのほとんどが国立や公立となっています。

 

公立の授業料は基本的に無料となっていますが、登録料が定められています。

登録料は年間で2万4000円ほどとなっているので、日本の大学と比べてフランスは大学に掛かる費用が少ないことが分かります。

 

ただし、留学費用に関しては2019年以降一定の学費を支払うことが決定しているので、

フランス留学を考えているのであれば選んだ大学によって学費に違いがあるので、あらかじめ確認しておきましょう。

 

 post-main-1

 

■フランスの大学は退学率が高い

 

日本の大学と言えば、受験勉強をして入試を受けて合格したものだけが入れる場所ですが、フランスの大学は入試制度がなく高校卒業時に「バカロレア」と言われる試験を受け、合格すればどの大学にも入ることができるのです。

2017年には約80%もの学生が合格できているため難易度は低いと言えます。

フランス留学を計画している大学生の中には、この制度を羨ましいと考える人も多いですが、フランスの大学はアメリカやイギリスと同じように卒業することに価値があると判断されます。

留年も1年しか認められておらず、初年度で半分ほどの生徒が脱落するとも言われているので、フランス留学で大学に学びに行った際には、同級生の多くが退学してしまう可能性もあるのです。

 

 

今までは、フランス留学で公立大学を選んでいた場合、

学費が無料で留学することが可能でしたが、2019年からは一定額を支払うことが必要になっています。

期間や大学によって費用に違いがあるので、前もって確認しておくことをおすすめします。

 

また、退学率が高いので卒業することが難しいと考えられます。

留学生であっても言語のハンデはないので、

フランス留学で大学卒業を考えているのであればしっかりと勉強する必要があるでしょう。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

カナダ留学に必要なビザは?手続きの流れなど詳しくご紹介!

カナダに留学するためにはビザ申請が必要になりますが、実は半年以内のカナダ留学は申請が必要ありません。

そう言っても不安に思う人は多く、なぜビザが要らないのか理由が気になる人も多いでしょう。

そこで今回は、カナダ留学のビザ事情について詳しくご紹介していきます!

 

 

135092_01

 

■カナダのビザ取得条件

 

カナダのビザには「観光ビザ」「学生ビザ」「ワーキングホリデービザ」と種類が3つに分かれています。

それぞれの種類によって滞在期間や就学期間が異なり、目的にあったものを取得しなければなりません。

 

基本的には就学期間が半年以内であれば観光ビザになり、半年以上になると学生ビザの申請が必要になります。

ワーキングホリデービザの場合は滞在期間が1年間で、就学可能期間は半年という決まりがあるので取得申請が必要になるでしょう。

また、カナダ留学の場合は他にも入国する際の渡航証明として「eTA(電子渡航認証)」が必要になります。

 

これは2016年3月15日から実施された手続きで、飛行機で入国する場合のみ必要な手続きです。

アメリカ経由でバスや自動車などを利用して入国する場合は必要ありませんが、飛行機で渡航する場合は必ず手続きを済ませておきましょう。

 

 

■滞在期間が半年以内でもビザが必要になる条件と手続き方法

 

カナダ留学は半年未満であればビザの申請は必要ないと冒頭で説明しましたが、

実習を伴う半年以上のカナダ留学の場合は学生ビザが必要になります。

 

ビザで許可されている滞在期間は学校に通っている期間と同じであること条件になっています。

では、ここで学生ビザの申請方法について解説していきましょう。

 

①留学先の学校が決まったら渡航4~6ヶ月前に入学手続きを行う

②学費の支払いが完了したら、入学許可証を受け取る

③カナダ留学に必要な書類を準備する

④渡航2ヶ月前を目安にオンライン申請、またはカナダ大使館へ書類を郵送する

 

学生ビザを発行する場合は、留学先の入学手続きが全て完了させ、

入学許可証が手元に届き他の書類が全て準備できた時点で初めて申請できます。

手続きは最短でも留学する4ヶ月前までに申請するようにしてください。

 

手続きが比較的簡単なオンライン申請は、学生ビザ申請書と留学資金の証明、入学許可証、パスポートのコピー、

証明写真が必要になるので、オンライン申請する前に揃えておきましょう。

IMG_8109

 

カナダ留学に必要な学生ビザは、基本的にカナダで勉強するための滞在を許可する証明証です。

手続きには時間と手間がかかり条件に沿っていないと入国審査で追及されることもあるので、

事前に条件や期限、必要書類などを確認した上で手続きするようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

クリスマスですね

もうすぐクリスマスですね!

 

christmas-1928599_640

 

街ではイルミネーションの飾りをよく見たり、

クリスマスムード一色となってきました

 

 

ということで

今回は軽くクリスマスについて触れていきます 

 

クリスマスの起源

 christmas-1927698_640

クリスマスはそもそも

イエスキリストの誕生祝うお祭りとされています

語源としては、「christ」と「mass」という言葉が混ざって「christmass」となっています

christ」はキリスト、「mass」はミサのことです

(ミサとはキリスト教の礼拝集会のようなものです)

 

 

クリスマスツリーについて

christmas-2994875_640

クリスマスツリーの起源はドイツにあるといわれています

ツリーにはモミの木が使われています

モミの木には小人が住んでおり、幸せを運んでくれるという信仰がありました

また、キリスト教の教えである父と子の精霊を表すともされています

そのために神聖な木とされていました

 

decorating-christmas-tree-2999722_640

そこからそのモミの木に装飾をするという風習ができあがったそうです

装飾には星や、ボール、天使やキャンドル、杖、ベル、靴下、柊などが代表です

ここでは割愛しますが、それぞれに深い意味や由来があります

 

 

サンタクロースについて

christmas-2986866_640

サンタクロースの由来は、4世紀にトルコの司祭をしていた聖ニコラスという人物です

ニコラスは貧しい人や困っている人々を助けるために自分の持ち物を分け与えるなど

とても慈悲深い人でした

この聖ニコラスがなまってサンタクロースとなったそうです

 

 また、サンタクロースと聞いて思い浮かべるあの赤い服装は聖ニコラスの司祭の儀式の頃の服がモチーフとなっているそうです

それをコカ・コーラ社がキャンペーン広告のキャラクターとして起用したことから

サンタクロースの名前が世界中に知られるようになりました

 

 

 日本との大きな違い

日本では恋人と過ごすのが一般的とされていますが、欧米などの諸外国では家族や親戚と集まりパーティーをします

アメリカなどのキリスト教圏では教会に行き家族と集まる風習が強いです

(日本でいうお正月のようなイメージでしょうか、、)

また、クリスマスプレゼントも一人一つではなく何個も貰うことが多いそうです

出費がかさみそうで大変ですね、、

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

イギリスの食文化について

皆さん、こんにちは。

 

 

今回はイギリスの食文化について軽く触れていこうかとおもいます。

england-2906827_640

 

イギリスは食に対してそこまで関心がなさそうなイメージがある一方、

日本と同じ島国なのでもしかしたら漁業などが盛んなのかと予想していました。

さて、どうなのでしょうか、、

 

調べてみたところ、

やはりイギリスでは食に対して「栄養補給」という概念が強いらしく、食を楽しむという文化はアメリカや日本と比べても少し薄いようです。

 

 

とはいいつつも、イギリスの伝統料理を幾つか調べたのでご紹介します!

 

代表料理その①イングリッシュブレッグファスト

english-breakfast-2150514_640

アメリカや近年の日本と同様に、普段の朝食ではシリアルなどの軽食類が多いです。

しかし、時間に余裕のある休日などはイングリッシュブレックファストを食べる家庭が多いようです。

イングリッシュブレックファストの主な中身は、

ベーコン、ソーセージなどの肉類

マッシュルーム、トマトなどの野菜

パン、卵、ハッシュポテト、ビーンズなどです。

ボリューム満点でとても美味しそうですね。

(さすがに忙しい朝はこれだけを作って食べるのは少し面倒かもしれないですね。)

 

 

 

その②フィッシュアンドチップス

fish-1684828_640

これは日本でも比較的ポピュラーなのはないでしょうか。

よくバーや立ち飲み屋のメニューに載っていて手軽に食べる事ができますよね。

フィッシュアンドチップスはイギリスの伝統的なファストフードです。

アメリカはハンバーガー、イギリスはフィッシュアンドチップスみたいなイメージでしょうか。。

(フィッシュはタラなどの白身魚のフライのことで、チップスはイギリス英語でポテトフライのことをいいます。)

美味しくてエネルギーとボリュームがあり、しかも手軽に食べる事ができるので、イギリスでは確固たる地位を築いてきた代表料理です。

ダイエット中の方には少し抵抗があるかもしれないですが、そもそも魚はタンパク質なので皆が想像している程カロリーは高くないです。

食べ方としては、塩、ビネガー、バルサミコなどをかけて食べるのが一般的です。

 

 

 

その③スコッチエッグ

food-750782_640

スコッチエッグとは簡単に言うと、ひき肉を混ぜたものに卵を包みパン粉をつけて揚げた食べ物です。

約300年も前に発明されたイギリスの伝統料理です。

(スコッチは、スコットランド風のという意味らしいです。)

日本では子供達が好きなイメージがありますが、イギリスでは大人にもポピュラーな食べ物でお酒のつまみとしても親しまれています。

 

 

 

アフタヌーンティーの文化

tea-1040677_640

イギリスでも日本と同様にお茶が好きで、イギリスの紅茶などは世界的に有名です。

イギリスでは午後の少し遅めの時間にアフタヌーンティーというお茶の時間があります。

(日本でいう3時のおやつというところでしょうか、、)

おやつもスコーンやスイーツ、サンドイッチなどがあり、優雅な感じがします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

アメリカの食文化について

こんにちは!

 

 

皆さんが海外に滞在される時に最初に戸惑うのが食文化の違い。という声をよくお聞きします。

とういことで、各国の食文化について軽く特集していこうかと思います。

 

 

 

今回はアメリカ

flag-75047_640

アメリカは皆さんのイメージ通りなのですが、お肉が中心です。(牛肉、豚肉、鶏肉が主です)

そもそも移民の国なので、イギリスなどの様々な国の食文化がミックスされて現在のアメリカの食文化ができました。

広大な領土があることからわかるように、農業も盛んでトウモロコシなどの豆類も豊富です。

朝はパン、コーヒー、コーンフレークなどのシリアル 、

昼はバーガーやピザなどのファストフード、

夜はチキンやステーキなどのお肉類、そして芋類、豆類など というのが代表的な食事となっているようです。

また、冷凍食品や加工食品が多いです。

肥満大国と揶揄される事が多いことからもわかりますが

日本と比べると量が多く、味が濃いです!(カロリーも高い、、)

 

 

 

ファストフードについて

IMG_8025

アメリカの食事で代表的なのがファストフードです。

アメリカではマクドナルドやケンタッキーをはじめとしたファストフード店でハンバーガーなどが売られています。

ハンバーガー自体は、1904年アメリカで開催されたセントルイス万国博覧会が発祥らしく、そこから少しずつ改良され現在のようなハンバーガーになったそうです。

また、アメリカが車社会であることからも短時間で注文でき手軽に食べる事ができるファストフードチェーンが普及した大きな理由の一つです。

 

 

 

カリフォルニアロールについて

IMG_8026

近年?!ではないと思うのですが、アメリカでも日本食ブームという事もあり、その時にカリフォルニアロールを思い浮かべるという人も少なくはないでしょう。

ということで、カリフォルニアロールについて少し詳しく説明していきます!

カリフォルニアロールとは、、

基本的にはアボカド、かまぼこ、キュウリ、マヨネーズを具材にして巻いたものです。

他にも ゴマ、カニカマ、サーモン、などなど 色んな食材が入っている場合もあります。 (それほど親しまれているという事ですね!)

カリフォルニアロールは、1970年代にロサンゼルスにある日本食レストランの板前さん(日本人)が発明したそうです。

当時、アメリカではあまり生の魚を食べる習慣がなかったので刺身などはあまり食べる事がなかったとのこと。

そこで代わりとなったのがアボガドやカニカマで、それらがカリフォルニアロールの主な具材になったようです。 当初は鉄火巻きをモチーフとしてつくられた様ですが、今となっては全然違うものとなってしまいました。

また、カリフォルニアロールを応用してつくられたシアトルロールというお寿司もアメリカでは有名だそうです。 (カリフォルニアロールの具材に加え、チーズやスモークサーモンなども入ってるそうです。)

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

少しそれてしまいましたが、まとめるとアメリカの食事はジューシーでボリューミーなものが多く、その反面カロリーが高いです。

普通に過ごしていると太ってしまう可能性が高いのでアメリカに留学する方は気を付けてくださいね!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

各国のハロウィンについて(アメリカ、カナダ、イギリス、フィリピン)

 

こんにちは!

 

今回は各国のハロウィンについての特徴などを少し調べてさらっとまとめてみました。

 

 


 

○アメリカ

trump-2815558_640

 

アメリカのハロウィンはさすがです!

私たちがイメージする通りの本場のハロウィンです。

1カ月前から準備をするのは当たり前で、その時期からアメリカ人たちは手の込んだ飾りつけをしています。

日本との大きな違いは、家族や近所で集まるような文化が強いという点です。

子供がいる家族はなおさらで、小学校でもこの日は生徒が仮装をしていくのが当たり前だそうです。

当日は家族や近所同士でパーティーをしたり、子供達は仮装をして「トリック・オア・トリート」でお菓子を貰いに行きます。

 

 

 

○カナダ

kids-1005837_640

 

基本的にはアメリカ同様に家庭や近所で祝う文化が強くイメージ通りの本場のハロウィンという印象です。

アメリカとあんまり変わらないのかー。と思いきや、約2か月も前から準備する家庭やお店もあるとのこと、、

また、ハロウィンの仮装や装飾もかなりリアルで凝っていることで有名で、中には追求しすぎてグロテスクなのも多いらしいです、、

この文化がヒートアップし過ぎたのか、ニューブラウン州では2005年に「14歳以上はトリック・オア・トリート禁止」という条例ができたという事もありました。

カナダはハロウィン文化がとても根強いですね。(強すぎるかも、、)

 

 

 

○イギリス

fireworks-1212132_640

 

私はハリーポッターのイメージが強かったので、

「イギリスのハロウィンは絶対に凄いはずだ」と勝手に思っていました。

しかし、調べてみるとそんなことはないようです。

何故かというと、イギリスでは11月5日に「ガイ・フォークス・ナイト」というお祭りがあり、イギリスではハロウィンよりも「ガイ・フォークス・ナイト」だそうです。

そのお祭りではイギリス中で多くの花火が打ち上げられたりと、とても盛大な様子。

それに加え、仮装行列の風習もあるとのこと。。

少しハロウィンと似ていますね。

 

 

 

○フィリピン

flag-2529027_640

 

フィリピン人はパーティー好きなのでハロウィンには盛り上がらないわけがない!

と思い、調べてみるとまたまた予想外れでした。

フィリピン人はハロウィンに対して少し異なった考え方をしているようです。

フィリピンの国民からすると、ハロウィンの語源である諸聖人の前日」という認識が強いらしく10月31日から11月1日にかけて親戚で集まり、お墓詣りなどをして過ごすそうです。(日本のお盆に近いイメージでしょうか。)

そもそもフィリピンはクリスマスが一大行事なので、ハロウィンよりクリスマス!

ということでその時期には既にクリスマスの準備をしている人たちが多いです。

多少は盛り上がるが、クリスマス程ではないという感じでしょうか。

 

 

 

○まとめ

最後まで読んで頂きありがとうございました。

いかがでしたでしょうか?

国によってハロウィンの楽しみ方はそれぞれですね。

でも私は一度でいいから本場といわれるアメリカやカナダのハロウィンを体験してみたいです!

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

【留学希望者必見!】留学先都市診断ができます!

city_aptitude2

【留学先の都市を迷っている方必見!】

みなさん、留学先の都市はどう選んでいますか?中にはテレビ番組で見て行きたいと思ったとか、小説を読んで舞台となった都市に行ってみたいとか、友達が行っていてすごく良かったなどなどいろいろな理由があると思います。

留学へ行く際の都市選びは、かなり慎重にいろいろな都市を調べて検討しています。
ただどうしても選びきれないというお声もあるので、

「留学先都市診断」

を作ってみました!

27つの希望を30秒ほどでチェックすることで、あなたの希望にマッチした留学先の国・都市をピックアップしてくれます!

一度、ぜひ留学先をどこにしようか迷われている方はお試しください!

また、おもしろいと思われた方はぜひfacebookeでシェアしてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

【朗報!】オーストラリア 学生ビザに健康診断書の提出が必要なくなりました

オーストラリア大使館

2015年11月20日よりオーストラリアの学生ビザの申請に、日本国籍の方は健康診断書の提出が不必要になりました。

学生ビザの取得が容易になります!

 

http://www.border.gov.au/Trav/Visa/Heal/meeting-the-health-requirement/health-examinations

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ネスグローバルのブログを開設いたします。

留学に関わる 最新情報をご案内してまいります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0