ゴールドコースト留学

ゴールドコーストの留学で失敗しないためには学校の選び方が重要!

こんにちは、留学ライターのもりなつ(@morinatsu1)です。

 

留学生が世界中から訪れるオーストラリア。

中でもゴールドコーストは観光客からも人気の都市なので、街中は常に賑わっています。

もちろん留学生も多いので、語学学校もたくさんあります。

しかし、語学学校がたくさんあるので、どの学校が自分に合っているのか学校選びに迷ってしまう方も多いでしょう。

そんなゴールドコーストでの留学で失敗しないために、あなたに合った学校の選び方を留学エージェントであるネスグローバルが解説していきます。

ゴールドコーストでの留学を検討している方はチェックしてみてくださいね。

 

ネスグローバルに無料見積もりを依頼してみる

 

ゴールドコーストの留学で失敗しない為にすべきこと

2690537_s

まず学校の選び方を解説する前に、ゴールドコーストの留学で失敗しないためにすべきことを見ていきましょう。

 

失敗しないためにすべきこと①:留学の目標を明確にしておく

留学が決まっている方は、「なぜ留学するのか」「留学して何ができるようになりたいのか」など、留学する目的と留学中の目標を再確認してみてください。

  • 海外の大学に進学するため
  • 外資系企業に就職するため
  • 海外で就職するため

など、理由はさまざまでしょう。

そして、その目的を叶えるためには留学中に達成しないといけない「目標」が見えてくるはずです。

留学中の目標が明確に定まっていないと、現地で中だるみをしてしまったり、帰国時までに何も得られずに留学を終えてしまう可能性もあります。

TOEIC800点以上
ビジネス英語を習得

など具体的な目標を掲げることで、充実した留学生活を送ることができるでしょう。

 

失敗しないためにすべきこと②:あなたに会った学校を選ぶ

2つ目は、あなたに合った学校を選ぶことです。

留学の失敗を避けるためには、あなたが学びたいことを学べる学校やあなたの性格に合った学校に通う必要があります。

あなたに合っていない学校を選んでしまうと、「こんなはずじゃなかった・・・」などと後悔してしまう可能性もあるでしょう。

語学学校にはそれぞれ特徴があり、学校の規模や提供しているコース、国際色など異なります。

そういった違いを把握した上であなたに合った学校を選ぶことができるのがベストといえるでしょう。

 

ゴールドコーストの留学に失敗しないための学校の選び方

55081_s

では、実際にゴールドコーストの留学で失敗しないための具体的な学校の選び方を見ていきましょう。

 

ゴールドコーストの語学学校の選び方①:学校の規模

語学学校の規模は大きく分けると「大規模」と「小規模」の2つ。

大規模の学校は大学生などの若い世代の学生が多く、活発な雰囲気です。

一方で小規模な学校は比較的年齢層が高めで、落ち着いた雰囲気になっています。

たくさんの人と出会いたい、活気のある学校で勉強したい方は大規模の学校が向いているといえます。

小規模な学校は、落ち着いた環境で勉強したい方や、人付き合いは狭く深くタイプの方がおすすめでしょう。

あなたの性格やどのような環境で勉強したいかでおすすめの規模は異なります。

 

ゴールドコーストの語学学校の選び方②:コース内容

コースの内容は学校によって提供しているものが異なります。

  • 基礎英語
  • トラベル英語
  • スピーキング重視
  • アカデミック英語
  • ビジネス英語

など、コースごとに学べる英語が選べるようになっています。

また、「英語×サーフィン」「英語×ヨガ」「英語×バリスタ」などゴールドコーストならではのアクティビティを掛け合わせたコースもあるので、あなたの趣味や目的に合わせたコースのある学校を選びましょう。

 

ゴールドコーストの語学学校の選び方③:国際比率

語学学校の国際色も学校によって異なります。

アジア人が多い、ヨーロピアンが多い、など偏りのある学校もあれば、バランスよく世界中から学生が集まっている学校もあります。

これはどの国やエリアでその学校のマーケティングを行っているかによるので、日本でたくさん宣伝している学校は日本人が多い可能性もあるでしょう。

日本人の多い学校の場合、学校でも日本語を使う機会が多くなってしまう可能性もあるので、注意が必要です。

学生の国際比率は、学校のパンフレットや公式サイトに掲載されているので、チェックしてみてくださいね。

 

ゴールドコーストの語学学校の選び方④:アクティビティ

語学学校では学生同士の交流の場として放課後や休日にアクティビティを開催しています。

アクティビティの内容がさまざまで、英語学習に関するアクティビティであったり、パーティーやBBQなどです。

アクティビティを通して友人を作りたいのか、英語力を伸ばしたいのかによって選ぶべき学校が異なってきます。

また、開催頻度も学校ごとに異なるので、アクティビティの内容や頻度を確認してみましょう。

 

まとめ:ゴールドコースト留学での失敗しない学校の選び方は「あなたに合っているか」がポイント

3665744_s

ゴールドコーストでの留学で失敗しない学校の選び方を解説してきましたが、最も重要なのが「あなたに合っている学校か」どうかです。

あなたの希望する学校があなたの性格に合った環境か、留学の目的を達成できる学校かを確認しましょう。

ゴールドコーストには語学学校がたくさんあるので、どの学校があっているのかわからない、決められない場合はお気軽にネスグローバルにお問い合わせください。

あなたの留学の希望をお聞かせいただければ、ネスグローバルで最適な留学プランを提案いたします。

 

ネスグローバルに無料見積もりを依頼してみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ゴールドコースト留学での気になる生活スタイルや食事事情をご紹介

こんにちは、留学ライターのもりなつ(@morinatsu1)です。

 

ゴールドコーストはオーストラリアの中でも観光客が多い都市となり、留学生も少なくありません。

そんなゴールドコーストで留学してみたいと考える方もいるのではないでしょうか。

とはいえ、現地での生活スタイルや食事など、どのような感じなのかイメージしづらいですよね。

そこで、今回はゴールドコーストでの生活スタイルや食事事情について詳しくご紹介していきます。

ゴールドコーストへの留学を検討している方はチェックしてみてくださいね。

ネスグローバルに無料見積もりを依頼してみる

 

ゴールドコースト留学中の生活スタイルはさまざま

55095_s

ゴールドコーストの留学中の生活スタイルは、1つだけではありません。

語学留学なのか、大学留学なのか、ワーキングホリデーなのかによってさまざまです。

ここでは「語学留学」「大学留学」「ワーキングホリデー」に分けて生活スケジュールを見てみましょう。

 

ゴールドコーストでの語学留学の生活スタイル

語学留学

平日

休日

午前 語学学校 午前 ・友人と外出や旅行・アルバイト・家でゆっくりする・英語学習

など、自由に過ごせる

午後 午後
・宿題
・友人と外出・アルバイト・家でゆっくり過ごす

 

語学留学の場合、レッスンは15時ごろには終わるので、その後の放課後は友人とカフェで宿題をしたり、観光したりなど、学校以外の時間は比較的自由に過ごせます。

 

ゴールドコーストでの大学留学の生活スタイル

大学留学

平日

休日

午前 大学の授業 午前 勉強
午後 午後
・大学の課題がメイン・たまに友人と外出やアルバイト ・友人と外出・家でまったり過ごす

 

大学留学では大学の授業や課題が多く、平日の夜や休日も勉強をしないと大学の授業についていけなくなってしまう可能性もあります。

そのため、語学留学のように放課後を楽しむ時間はあまりないでしょう。

 

 ゴールドコーストでのワーキングホリデーの生活スタイル

ワーキングホリデー

平日

休日

午前 アルバイト 午前 ・友人と外出や旅行・アルバイト・家でゆっくりする・勉強

など、自由に過ごせる

午後 午後
・勉強
・友人と外出・家でゆっくり過ごす

 

ワーキングホリデーはアルバイトをしたり、旅行や勉強など、それぞれ好きなように過ごすことができます。

多くの方はアルバイトをメインに行い、休日は友人と外出したり、長期間で旅行に出たりしています。

 

ゴールドコースト留学中の食事事情

1459751_s

続いてゴールドコースト留学中の食事事情について見ていきましょう。

 

ゴールドコースト留学中は自炊メインがおすすめ

ゴールドコーストをはじめオーストラリアでは外食はとても割高です。

カフェやレストランで食事をすると、1食15ドル(約1,100円)以上は普通

加えてチップの文化もあり、5~15%が目安です。

チップを加えたトータルの額を考えると、割高ですよね。

そのため、外食よりも自炊をメインにして、食費を節約する留学生がほとんどです。

スーパーやマーケットに行けば、食材は安く手に入り、場所によっては日本の食材も手に入るので、日本食が恋しくなっても自炊することができます。

 

ゴールドコースト留学中はアルバイト先のまかないを上手に活用

オーストラリアは留学中もアルバイトができるので、飲食店で働けばまかないをもらえるお店がほとんどです。

日本食レストランで働けば、いつでも日本食が食べられます。

実際に私も、現地の日本食レストランのまかないに助けられていました。

アルバイト先のまかないシステムを上手に活用しましょう。

 

まとめ:ゴールドコーストの生活スタイルはさまざま

2923875_s

ゴールドコーストの生活スタイルや食事事情についてご紹介してきましたが、留学中のスタイルは人によって異なります。

今回ご紹介したのはあくまでも例になるので、現地の留学生が全員このような生活を送っているわけではありませんが、現地での生活を少しでもイメージしていただければ幸いです。

あなたの留学の希望をお聞かせいただければ、ネスグローバルで最適な留学プランを提案いたします。

いつでもお問い合わせください。

 

ネスグローバルに無料見積もりを依頼してみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ゴールドコースト留学のホームステイが決まるまでの流れやステイ先での注意点

こんにちは、留学ライターのもりなつ(@morinatsu1)です。

 

親日家が多く、留学生にも寛大なオーストラリア。

特にゴールドコーストは観光地としても有名なため、外国人に対して親切なオーストラリア人が多いです。

そんなゴールドコーストの留学でホームステイをしてみたいと思っている方も少なくないのではないでしょうか。

そこで今回はゴールドコーストでホームステイをするまでの流れや、体験談、ホームステイ時の注意点などを見ていきます。

ゴールドコーストでのホームステイを検討している方はチェックしてみてくださいね。

 

ネスグローバルに無料見積もりを依頼してみる

 

ゴールドコースト留学でホームステイをするまでの流れ

boy-1300401_640

では実際にホームステイ先が決まるまでの流れを見ていきましょう。

 

ステップ①:ホームステイの申込み

ホームステイの手配は語学学校もしくは管理会社を通して行います。

それぞれのメリットデメリットは以下の通り。

 

メリット デメリット
語学学校 費用が安め 日本語対応不可
通学期間のみ滞在可能
管理会社 日本語での対応可能
通学期間外でも滞在可能
費用が高め

 

あなたの希望に合った手配方法を選びましょう。

 

ステップ②:ホームステイ先に関するアンケートを記入

ホームステイ先を決めるためのアンケートを記入します。

ただし、「こんな家庭が良い!」と希望を記載するのではなく、食べ物や動物のアレルギー有無などNG事項を記載することがほとんどです。

 

ステップ③:渡航1週間前に家族が決まる

ホームステイ先は申し込み後すぐに決まるのではなく、渡航1週間前から数日前までの直前にならないと決定しません

焦らずに連絡を待ちましょう。

 

ステップ④:渡航前にあいさつの連絡

ステイ先が決まったら、お世話になるホストファミリーに挨拶の連絡をします。

メールで簡単な英語で構わないので、自己紹介とお世話になる旨を伝えましょう。

 

ステップ⑤:留学初日に対面

留学初日にホストファミリーと対面します。

日本からちょっとしたお土産を持っていくと喜ばれるでしょう。

改めて自己紹介をして、コミュニケーションを取ってみてくださいね。

 

【体験談】ゴールドコースト留学のホームステイ

books-2560206_640 (1)

では続いて、ゴールドコーストでホームステイを体験した方たちの声を見てみましょう。

 

 

 

 

ポジティブな意見が多いですが、シャワーの時間が短いなど水に関するネガティブな意見も。

オーストラリアは水不足が起こりやすく、節水している家庭がほとんどで、シャワーの時間を制限されるなどの不便もあります。

 

ゴールドコースト留学のホームステイで注意すべきこと

journal-2850091_640

ゴールドコーストでホームステイをする時に気を付けるべきことは2つあります。

  • 家庭のルールを守る
  • 節水を心がける

まずホームステイ先に到着し、挨拶が済んだら必ずその家庭でのルールを確認しましょう。

ホームステイ先によってはあなた以外にも留学生を受け入れている可能性があります。

その家庭で暮らしている人たちが気持ちよく、トラブルなく生活できるようにハウスルールを設けている家庭が多いです。

  • 夕食はみんなで19時に食べる
  • 洗濯は週に2回まで
  • 部屋の掃除は自分で行う
  • シャワーは15分で済ませる

などのルールがそれぞれ決まっているので、初日に確認するのを忘れないようにしてください。

また、ルールの中にもあるシャワーですが、先にお伝えした通り、オーストラリアは水不足が深刻です。

多くの家庭ではタンクに溜めた水を使用しているので、タンク内の水が無くなると、また溜まるまで待たなくてはなりません。

そのためシャワーをはじめ洗濯や洗い物などは節水を心がけるようにしましょう!

 

まとめ:ゴールドコースト留学のホームステイではルールを確認して気持ちよく生活しよう

girl-1160441_640

ゴールドコースト留学でのホームステイに関して、ホームステイをするまでの流れ、体験談、ステイ先での注意点を見てきました。

ホームステイ先は渡航の直前にならないと決まらないので、焦らずに連絡を待ちましょう。

そして、ステイ先ではハウスルールを守り、お互いが気持ちよく生活できるように心がけましょう。

節水も忘れないようにしてくださいね!

あなたの留学の希望をお聞かせいただければ、ネスグローバルで最適な留学プランを提案いたします。

いつでもお問い合わせください。

 

ネスグローバルに無料見積もりを依頼してみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

【季節ごとに解説】ゴールドコーストの気候と留学に最適な服装とは?

こんにちは、留学ライターのもりなつ(@morinatsu1)です。

 

自然が多く、留学だけではなく観光やアクティビティも楽しめるオーストラリア。

特にゴールドコーストは1年間のうち晴れの日が300日以上あるといわれています。

気候が良いこともあり、サーファーの聖地としても知られて、1年中サーファーや観光客が世界中から訪れます。

今回はそんなゴールドコーストの気候と留学に最適な服装を季節ごとにご紹介します。

ゴールドコーストへの留学を検討している方はチェックしてみてくださいね。

ネスグローバルに無料見積もりを依頼してみる

 

1年中晴れ!?ゴールドコーストの気候

GC 気候

引用:tripnote

ゴールドコーストはオーストラリアの中では亜熱帯性気候に属しています。

そのため、年中温暖な気候で晴れの日が多いのが特徴です。

晴れの日は年間300日といわれるほど、天候に恵まれていますが、その分紫外線が強いので、対策は必ず必要になります。

年間で10℃を下回る日はほとんどありません。

降水量は他の都市に比べると少なめですが、夏はスコールが発生しやすくなるので、夏の時期は降水量が多くなります。

 

ゴールドコーストの春・最適な服装【9月〜11月】

2128405_s

  • 平均最高気温:25℃
  • 平均最低気温:15℃

ゴールドコーストの春は日本の秋に当たる9月~11月です。

日本の春に比べると暖かめで、この時期は寒さを感じることはほとんどないでしょう。

ただ、降水量が多い夏にに近づくにつれて、少しずつ雨の降る日が多くなってきます。

<服装>

基本的に半袖・短パンで過ごせる気候です。

しかし、空気が乾燥しているのと、風が強く吹きやすい時期なので、薄手の羽織りものがあると重宝します。

 

ゴールドコーストの夏・最適な服装【12月〜2月】

2128457_s

  • 平均最高気温:28℃
  • 平均最低気温:20℃

夏は日本の冬である、12月~2月になります。

1年のうちで最も暑くなる時期、そして、湿度も高くなるため、日本の夏のようなじめじめとした暑さを感じるでしょう。

降水量はこの時期が一番多くなり、雨だけではなく風も強くなり、暴風雨になる日も多いです。

<服装>

春と同じように半袖・半パンで過ごせますが、室内は冷房が効いているので、羽織ものがあると安心です。

また、暴風雨が多いので、レインコートや防水効果のある羽織ものも役に立つでしょう。

 

ゴールドコーストの秋・最適な服装【3月〜5月】

1216694_s

  • 平均最高気温:25℃
  • 平均最低気温:16℃

日本に春に当たる3月~5月がゴールドコーストでは秋になります。

日中は暑さが残るので、海水浴もまだ楽しめる気候です。

夏に多くなる暴風雨も徐々に少なくなり、5月頃にはなくなるでしょう。

<気候>

秋も半袖・半パンで過ごせるほど暖かい気候です。

ただ、少しずつ気温の差が出てくるので、朝晩は涼しくなってきます。

朝晩に外出する場合は長袖やパーカーなどが必要になるでしょう。

 

ゴールドコーストの冬・最適な服装【6月~8月】

3345678_s

  • 平均最高気温:21℃
  • 平均最低気温:10℃

日本の夏に当たる6月~8月が冬になります。

日中は20℃を超える日が多く基本的には温かいです。

しかし、温度差が出てくるので、朝晩は冷え込みます。

降水量は最も少ない時期となり、乾燥しやすい季節になるので体調管理をしっかり行いましょう。

<服装>

冬でも半そでで過ごすことができますが、内陸部は海岸沿いに比べて肌寒くなるので、内陸部に行く際には上着があると良いでしょう。

朝晩は10℃前後まで気温が下がるので、上着が必要になります。

 

まとめ:ゴールドコースト留学のベストシーズンは12月

1919429_s

ゴールドコーストの気候と最適な服装について解説してきましたが、留学に最もおすすめのシーズンは12月です。

日本では冬に当たりますがオーストラリアは真夏になります。

日本で過ごす寒い冬とは違い、温かいクリスマスを堪能することができます!

天気も良く絶好のビーチ日和も続きますが、紫外線が強くなるので対策は忘れないようにしましょう。

 

あなたの留学の希望をお聞かせいただければ、ネスグローバルで最適な留学プランを提案いたします。

いつでもお問い合わせください。

 

ネスグローバルに無料見積もりを依頼してみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ゴールドコースト留学の治安って問題ない?注意したいポイントとは

こんにちは、留学ライターのもりなつ(@morinatsu1)です。

 

ゴールドコーストに留学したいと考えている方は現地の治安についても気になりますよね。

  • 夜1人で出歩いても大丈夫?
  • トラブルに巻き込まれたらどうすればいいの?
  • 治安の悪いエリアってある?

などと、不安になっている方も少なくないでしょう。

そこで今回は留学経験者がゴールドコーストの治安について、注意すべきことやトラブル時の対処法をご紹介します。

ゴールドコーストへの留学を検討している方はチェックしておきましょう。

 

ネスグローバルに無料見積もりを依頼してみる

 

ゴールドコーストの治安

189150_s

ゴールドコーストはオーストラリアの中でも人気の観光地で、留学生も多い大都市です。

アメリカやイギリスなど他の英語圏の都市に比べると、事件や事故に巻き込まれる可能性は圧倒的に低く、治安は良いです。

リゾート地ということもあり、基本的にはのんびりとした雰囲気の都市ですが、日本の治安の良さとは異なります。

女性が夜間に1人で出歩くのは避けたり、危険といわれているエリアには近づかないようにする必要はあります。

 

ゴールドコースト留学中に遭遇しやすいトラブル

3467648_s

では実際にゴールドコーストの留学中に会いやすいトラブルを見てみます。

車上荒らし 有名なビーチやテーマパークが多いことから、観光スポットの駐車場を狙った犯罪が多い
<対策>
貴重品類の置きっぱなしは控える
性犯罪 バーやクラブが多いのも観光地ならでは女性の飲み物に睡眠薬を入れて暴行を加える犯罪も発生
<対策>
夜間の一人歩きは避ける(※特に女性)
スリ窃盗 スリや窃盗は頻繁に発生特にレストランや観光客が多く集まるエリア
<対策>
貴重品は常に身に付ける
サーファートラブル ルールを守らなかったり、はしゃぎすぎるサーファーによる事故や事件が多発
<対策>
観光地での人だかりには近づかないようにする

 

観光地ならではのトラブルが多いので、貴重品は常に前に持つ、そして人だかりができているところは避けるなど、注意が必要です。

 

ゴールドコースト留学中に注意すべき危険エリア

3408884_s

続いてゴールドコーストで注意すべき危険エリアをご紹介します。

 

ゴールドコーストの危険エリア①:シェブロンアイランド (Chevron Island)

サーファーズパラダイスの近くにあり、飲食店が充実している小さな島です。

観光スポットにもなっているので、多くの観光客が訪れます。

特にサーファーズパラダイスとシェブロンアイランドを繋ぐ橋では、昔から事件が多く発生しているエリアです。

金品を狙った強盗が特に多く、逃げ場のない橋の上を利用した犯罪が多発しているので、夜間帯に1人で出歩くのは避けましょう。

 

ゴールドコーストの危険エリア②:オーキッドアベニュー

サーファーズパラダイスにある、オーキッドアベニューはショッピングエリアです。

お土産屋さんやレストラン、ナイトクラブなどもあり、昼夜とわず賑わっています。

その分酔っ払いやクラブに出かける若者も多いです。

人が多く、トラブルに巻き込まれやすいので、細い裏道は避け、表通りを歩くようにしましょう。

 

ゴールドコースト留学中にトラブルに巻き込まれた際の連絡先

493130_s

治安が良いといわれるゴールドコーストですが、トラブルに巻き込まれる可能性はゼロではありません。

万が一トラブルに遭ってしまった場合は、すぐに助けを呼びましょう。

オーストラリアでは「000」が国内共通の緊急連絡先になっていて、警察、消防、救急の3つの期間に連絡を入れられます。

ただ、こちらの番号は緊急時のみの連絡先なので、緊急性の低いスリや貴重品の紛失などは住んでいるエリアの警察署に連絡を入れましょう。

また、パスポートをすられてしまった場合などは大使館や領事館への連絡が必要です。

ゴールドコーストには総領事館がなく、最寄りのブリスベン総領事館が窓口になるので注意しておきましょう。

<在ブリスベン日本国総領事館>

  • 電話番号:(+61)7-3221-5188
  • 住所:12 Creek St, Brisbane City QLD 4000 Australia
  • 受付時間:(電話)9:00~12:30 13:30~17:00
  • 受付時間:(窓口)9:00~12:00 13:30~16:00

 

ゴールドコーストの治安は良いが最低限の注意は必要

375826_s

ゴールドコーストは世界的に見ると治安は良いですが、日本の治安の良さとは異なります。

トラブルに巻き込まれる可能性はゼロではないので、万が一に備え緊急の連絡先は控えておいてください。

また、トラブルに遭わないためには、海外にいるということを忘れず、気を抜かずに生活することが大切です。

ネスグローバルでは、留学前にオリエンテーションを実施しているので、生活面でも不安なことがあれば、ご相談いただけます。

事前に不安点を解消して渡航しましょう。

疑問点や不安なことがあれば、いつでもお問い合わせくださいね。

 

ネスグローバルに無料見積もりを依頼してみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

【持ち物チェック】ゴールドコースト留学に必要なものは?

こんにちは、留学ライターのもりなつ(@morinatsu1)です。

 

これからゴールドコーストへの留学を控えている方は、持ち物について悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

  • 何を持っていくべきか
  • これは必要?
  • 荷物はなるべく減らしたい

などと、不安になっている方のために、留学経験者がゴールドコーストへの留学に持っていくべきものを厳選しました。

これから準備をする方はチェックしておくべき内容です。

 

ネスグローバルに無料見積もりを依頼してみる

 

日本から持っていくべきもの

56758fb20deb87c6178570de6ea09b37_s

では実際にオーストラリアへの留学経験者が厳選する、日本から持っていくべきアイテムをご紹介していきます。

 

貴重品・必需品

effb7f2ebc404fc5bece2de89ce1e43d_s

スマートフォン

ゴールドコーストは観光都市ということもあり、WI-FIが至る所で飛んでいます。

短期間の留学であれば、SIMフリーにする必要はないでしょう。

ただし、常にインターネットを使えるようにしておきたいのであれば、SIMロックを解除してスマートフォンを持っていくのがおすすめです。

 

クレジットカード

持参するクレジットカードは海外でキャッシングできるかがポイント。

現金を大量に持っていくのは盗難やスリに遭う可能性もあり、危険です。

事前にクレジットカードの海外キャッシングが設定されているか確認しておくのを忘れないようにしましょう。

 

現金

日本円とオーストラリアドルの両方を、数万円程準備しておきましょう。

レートは日本で換金するより、現地の方が良いので、ゴールドコーストの空港で少し換金して、残りは街中の換金所で換金するのがベターです。

 

語学学校やビザなどの書類

ビザの種類によって異なりますが、入国の際に語学学校の入学許可証やビザの書類の提示を求められる可能性があります。

念の為、原本とあわせてコピーも持参し、すぐ取り出せるように機内持ち込みのかばんに入れておきましょう。

 

パスポート

フライトのチェックインの際だけでなく、現地ではIDとしても使うことになるので、万が一に備えコピーも持参しておくと重宝します。

 

国際免許証

オーストラリアは世界で6番目に大きい国です。

そのため、車で移動したり、旅行に行くこともあるでしょう。

その際に際免許がないと運転ができないので、日本で事前に国際免許の手続きは済ませておくのがおすすめです。

 

日用品

d4aaa7e899d70274349d008c36ed7cba_s

旅行サイズのシャンプーやコンディショナー、スキンケア用品

日本と同じようなクオリティのものは高額ですが、シャンプーやコンディショナー、スキンケア用品は現地で購入することができます。

製品の質にこだわりが無ければ、数日間使える旅行サイズのものを持参しましょう。

使い切る前に現地で製品を購入するのが賢いです。

また、オーストラリアのオーガニック製品などもあるので、いろんなスキンケア用品を試してみるのもおすすめです。

 

歯磨きセット

歯ブラシは現地で購入できますが、ヘッドが日本のもの比べて大きいです。

そのため、日本人には使いずらく感じることもあります。

ヘッドの大きさが気になる方は歯ブラシを持参しましょう。

 

電化製品

f9ee52af1d02082cf76dc8285af4cd9d_s

パソコン

パソコンを使って、語学学校の課題をワードなどで提出したり、アルバイトに必要な履歴書を作成する可能性もあります。

ノートパソコンを持っている方は持参すると重宝します。

 

変換プラグ

オーストラリアのコンセントは日本と異なり、Oタイプです。

忘れずに持参しましょう。

あわせて日本のコンセントタイプのたこ足配線があると便利。

 

医薬品

da3c6af3dee4f09a20b322577e141a35_s (1)

普段使用している薬があれば、ゴールドコーストに持っていきましょう。

ものによっては現地で手に入らなかったり、日本人の体質に合わない可能性があります。

現地でも日本と同じ薬が必要な場合、英語の処方箋を持っていくようにしましょう。

 

勉強道具

29df6f62c4c94d3e82980c6ea551e623_s

電子辞書

スマートフォンのアプリも便利ですが、電子辞書の方がすぐに起動できたり、オフラインでも使えるので1つあると重宝します。

発音記号なども表示されるので、英語学習には欠かせません。

 

日本の参考書

日本語の参考書は最低でも1つは持参しましょう。

現地でも購入できますが、日本と比べて割高になるので日本で購入して持っていくのがベターです。

 

衣類

af26144f287f14ad4ffa1af3a62e6c99_s

羽織もの

季節に関わらず、カーディガンや薄手のジャケットなどすぐに羽織れるものがあると便利です。

朝晩の冷え込みや冷房など冷え対策になります。

 

水着

ゴールドコーストではマリンアクティビティ―が盛んなので、気慣れているものが1着あると重宝します。

現地でも購入できますが、日本人の体形に合ってないものが多いです。

 

下着・洋服

普段着用するものに関しては最低でも1週間分準備しておくのが良いです。

ホームステイ先やシェアハウスなどで、好きな時間帯に洗濯ができるとは限らないので

 

注意!オーストラリアに持ち込めないもの

039a2318a7fd647a4049469ba38dbcd1_s

オーストラリアは検疫が世界一厳しいとも言われているため、対象のものが無いか事前にしっかりと確認しておきましょう。

  • 完全に持ち込み自体が禁止されているもの
  • 申請すれば持ち込めるもの

対象になるものは、大きく分けるとこの2つに該当します。

何が対象なのかは在日オーストラリア大使館のサイトで確認しましょう。

 

ゴールドコースト留学の荷物は極力減らそう!

99fd9a98f93861e59c0c2a91afe694b7_s

ゴールドコーストの留学に必要なアイテムをご紹介してきました。

私も実際にオーストラリアに留学に行った際、心配だったので、「あれもこれも」と今思えば不要なものもたくさん詰め込んでいました。

その経験もあり、今回は必要最低限のアイテムを厳選しています。

現地で「これはいらなかった」と使わずに置いて帰ることにならないように、空港で追加料金の支払いを避けるために、荷物は最低限に抑えるようにしましょう!

 

ネスグローバルでは、留学前にオリエンテーションを実施しているので、生活面でも不安なことがあれば、ご相談いただけます。

事前に不安点を解消して渡航しましょう。

疑問点や不安なことがあれば、いつでもお問い合わせくださいね。

 

ネスグローバルに無料見積もりを依頼してみる

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ゴールドコーストの大学に留学するために知っておくべきこととは?

こんにちは、留学ライターのもりなつ(@morinatsu1)です。

 

オーストラリアは留学や観光としても人気のある国のひとつです。

中でもゴールドコーストはサーファーの聖地といわれているサーファーズパラダイスなどが有名で、世界中からサーファーや観光客の集まる観光都市でもあります。

世界中から人気を集めているゴールドコーストに留学したいと考えている方も多いのではないでしょうか。

また、ゴールドコーストで大学進学をしたいと考えている方も少なくないでしょう。

そこで今回はオーストラリアの大学の特徴や入学条件、留学方法やゴールドコーストでおすすめの大学について解説していきます。

ゴールドコーストでの大学進学を検討している方はチェックしてみてくださいね。

 

ネスグローバルに無料見積もりを依頼してみる

 

オーストラリアの大学の特徴

1732714_m

オーストラリアは大学が40校しかなく、私立は2校のみで、他はすべて国公立となります。

多くの大学が世界ランキングで上位レベルにあり、オーストラリア内での大学の差はそれほどなく、どの大学も教育レベルは高いのが特徴です。

そして、留学生に対するサポートも充実しているため、世界各国からたくさんの留学生が学びに来ています。

インターナショナルな環境で国際感覚を身に付けることができるのがオーストラリアの大学の最大の特徴です。

 

オーストラリアの大学の入学条件

books-1845614_1280

オーストラリアの大学に入学する際は、留学生の場合、基本的に2つの条件があります。

それぞれ見ていきましょう。

 

オーストラリアの大学の入学条件①:英語

学校で学ぶ際はもちろんすべて英語になるので、大学で学べるための英語力は必須です。

オーストラリアの場合、多くの大学がIELTSもしくはTOEFL ibtのどちらかで英語力の証明が必要になります。

大学や学部によって基準は異なりますが、一般的にはIELTS6.5、TOEFL ibt90前後と設定しているところが多いです。

英語力が足りない場合は付属の英語学校で「進学準備英語コース」を受講する方法もあります。

所定の成績以上で卒業できれば、スコアは無しで、ダイレクトに進学も可能です。

 

オーストラリアの大学の入学条件②:学歴

学歴の条件は、進学先の大学や学部によって大きく異なります。

最終学歴が日本の高校卒業の場合、「ファンデーションコース」と呼ばれる進学準備コースを9か月~1年ほど受講し、基礎科目を履修します。

その後大学へ進学する留学生がほとんどです。

また、オーストラリア内のトップ8である、Group of 8の大学になると、高い成績を求められます。

 

オーストラリアの大学で留学する方法

student-3500990_1280

オーストラリアの大学に入学するためにはいくつか方法があります。

最終学歴や英語力によっても異なるので、それぞれの方法を見ていきましょう。

 

最終学歴が高卒の場合 最終学歴が高卒・専門卒・短大卒の場合 最終学歴が大学の場合

一般英語コース(3~6ヶ月)

進学準備英語コース(3~6ヶ月)

ファンデーションコース(9か月) TAFEまたはカレッジ(1年) 大学進学(3年間)
大学進学(3年間) 大学2年次に編入(2年間) -

※TAFE:公立の専門学校

英語力によってそれぞれのコースの受講期間は異なります。

また、オーストラリアではTAFEやカレッジの方が大学に比べて学費が安いため、TAFEやカレッジに進学してから大学に編入するという流れが地元の学生からも人気です。

 

ゴールドコーストでおすすめの大学

graduation-2038864_1280

 

ではゴールドコーストにキャンパスがある、おすすめの大学をご紹介します。

 

Griffith University(グリフィス大学)

ブリスベンとゴールドコーストに5つのキャンパスがあります。

大学の教授法と研究は海外でも高く評価され、50カ国以上の国から2万人以上の留学生が集まるほど人気。

<人気の学部>

  • 国際観光・ホテルマネジメント
  • スポーツマネジメント
  • 環境学
  • 看護学
  • 美術

 

Southern Cross University(サザンクロス大学)

サザンクロス大学は自然豊かな環境で学ぶことのできる小規模な大学です。

アーティストの集まる街として知られているバイロンベイが近いこともあり、リズモアキャンパスのクリエイティブ・アートのコースも人気。

ゴールドコーストキャンパスはオーストラリアでは唯一のオーシャンビューキャンパスです。

<人気の学部>

  • 社会福祉学
  • 作業療法学
  • 観光・ホスピタリティ学
  • ホテルビジネス学
  • 環境学
  • 看護学

 

Bond University(ボンド大学)

ボンド大学はオーストラリアで一番最初に設立された私立大学です。

少人数制で質の高い授業を受けられ、社会人になるための実践的なスキルを身に付けることができます。

オーストラリア政府が運営しているランキングの満足度部門では13年連続で1位を獲得するほど、生徒からの満足度は高いです。

<人気の学部>

  • 法学
  • ビジネス
  • 環境
  • スポーツ科学
  • スポーツビジネス
  • フィルム&テレビジョン
  • メディア&デザイン
  • 建築
  • ジャーナリズム
  • 国際関係

 

【ゴールドコースト留学】あなたの英語力や学歴によって大学への道のりが異なる

adult-3052244_1280

ゴールドコーストの大学への留学方法を見てきました。

あなたの英語力や学歴によって、大学入学までの道のりは異なります。

具体的にどのくらいの英語力や期間があなたに必要なのか、わからない方は留学のプロである留学エージェントに相談してみるのも1つの手段です。

ネスグローバルでは無料でカウンセリング、学校の手配などの留学準備のお手伝いをしています。

経験豊富なカウンセラーがあなたに最適な留学プランをご提案させていただきますので、疑問点や不安なことがあれば、いつでもお問い合わせくださいね。

火照る

ネスグローバルに無料見積もりを依頼してみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ゴールドコーストでの留学に必要なビザとは?長く滞在できる方法がある!

こんにちは、留学ライターのもりなつ(@morinatsu1)です。

 

オーストラリアは留学や観光としても人気のある国ですよね。

中でもゴールドコーストは観光都市として、オーストラリア国内からもたくさんの観光客が訪れます。

そんなゴールドコーストでの留学で、あなたに必要なビザは把握していますか?

留学の期間や目的によって、取得するべきビザは異なってきます。

今回はゴールドコーストでの留学で必要なビザについて、どのような種類があるのか、条件や特徴などを解説していきます。

また、少しでも長く滞在したい方はちょっとしたコツがあるので、あわせてご紹介します。

ネスグローバルに無料見積もりを依頼してみる

 

オーストラリアでの留学に必要なビザは期間や目的によって異なる

3569432_s

ゴールドコーストをはじめ、オーストラリア留学に必要なビザは3種類あります。

ビザの種類 ビザの内容
観光ビザ 3カ月未満の観光や留学が可能
学生ビザ 3ヶ月以上5年以内の留学が可能
ワーキングホリデービザ 1年以内の滞在(就学・就労)が可能

 

あなたの留学の期間や目的によって、必要なビザが異なってくるので、まずはどのくらいの期間留学をしたいのかを明確にしておきましょう。

 

オーストラリアでの留学に必要なビザの特徴や条件

804888_s

ビザはそれぞれ申請方法や条件が異なります。

  • 観光ビザ
  • 学生ビザ
  • ワーキングホリデービザ

1つずつ見ていきましょう。

観光ビザの特徴や条件

オーストラリアの観光ビザは3ヶ月以内の観光や留学の際に必要になります。

オーストラリアに1日でも滞在する場合は、ETASと呼ばれる電子申請許可証の申請が必須です。

オンライン(在日オーストラリア大使館)からの申請となり、手続きをすれば12時間以内で許可証が発行されます。

  • 申請手続き:12時間以内
  • 申請手数料:AU$20(約1,500円)
  • 滞在可能期間:3ヶ月以内
  • 就学:可能(3カ月以内)
  • 就労:不可

 

学生ビザの特徴や条件

学生ビザはオーストラリア内で指定された教育機関で3ヶ月以上の就学をする場合に必要なビザです。

コースを受講する際はフルタイム(週25時間)での就学が条件になっています。

就学期間中はオーストラリアに滞在することが可能ですが、一定の出席率(各ターム80%)を下回ってしまうと、学校から移民局に知らせが入り、学生ビザをキャンセルされる可能性も

そこまでみっちりとコースを受講する必要がないという方は、30歳以内であれば、ワーキングホリデービザを申請することができます。(次項でワーキングホリデーを解説しています。)

  • 申請手続き:1日~1ヶ月とさまざま
  • 申請手数料:AU$620(約45,000円)
  • 滞在可能期間:学校に通う期間
  • 就学:可能(週25時間以上のコース)
  • 就労:可能(週20時間まで)

学校の申込みを留学エージェントで行えば、あわせてビザの申請を代行してくれる会社がほとんどです。

ただ、手数料が発生する場合もあるので事前に確認しておきましょう。

 

ワーキングホリデービザの特徴や条件

ワーキングホリデービザは現地の暮らしや異文化を体験するためのビザです。

就学、就労、旅行など、自由にアレンジすることができるので、人気の高いビザになっています。

日本と提携を結んでいる国であれば、ワーキングホリデービザの申請が可能となり、オーストラリアの場合、条件がありますが最長3年間滞在することができます。

ワーキングホリデービザは国によっては発給数が設けられていますが、オーストラリアでは発給数に制限はなく、申請も数日で完了するので、他の国に比べると取得しやすいビザです。

  • 申請手続き:数日
  • 申請手数料:AU$485(約36,000円)
  • 滞在可能期間:最長3年
  • 就学:可能(4カ月まで)
  • 就労:可能(1雇用主の元で6カ月まで ※例外あり)

 

長くオーストラリアに滞在したいならビザ取り学校も

2690393_s

学生ビザやワーキングホリデービザで滞在していると、オーストラリアでの生活が充実していて、延長を検討したいという方も少なくありません。

ただワーキングホリデーは1度きり、そして、学生ビザは学校に通う費用がかかりますよね。

できるだけコストをかけたくない、予算があまりないなんて方はビザ取り学校といわれる学校に通うのも1つの方法です。

ビザ取り学校とは、週に数日のコースで費用を最低限に抑えた学校のこと。

「ビザ取り学校」というと聞こえはあまり良くないですが、既に英語を習得している方などは、より専門的なコースを受講することで滞在を延長できるので、将来就きたい業界の知識を英語で学ぶのもおすすめです。

 

あなたの留学に合ったビザでゴールドコーストでの滞在を充実させよう

3345335_s

ゴールドコースト留学でのビザの種類について解説してきましたが、まずはあなたの留学の目的を決めるのがポイント。

まずは留学で何がしたいのか、どんなスキルを身に付けたいのかなどを明確にしてみましょう。

ネスグローバルでは、無料でカウンセリング、学校の手配などの留学準備のお手伝いをしています。

経験豊富なカウンセラーがあなたに最適な留学をご提案させていただきます。

疑問点や不安なことがあれば、いつでもお問い合わせくださいね。

 

ネスグローバルに無料見積もりを依頼してみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

メリット・デメリットから見るゴールドコースト留学の特徴とは?

こんにちは、留学ライターのもりなつ(@morinatsu1)です。

 

オーストラリアは留学や観光としても人気があります。

留学先として知られている都市もたくさんありますが、「ゴールドコーストはどんなところだろう。」「他の都市と比べると安全?」「日本人は多い?」など疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はゴールドコーストに焦点を当てて、特徴をメリット・デメリットでご紹介していきます。

ゴールドコーストへの留学を検討している方や他の都市と迷っている方はチェックしてみてくださいね。

ネスグローバルに無料見積もりを依頼してみる

 

ゴールドコーストってどんなことろ?

3466261_m

ゴールドコーストはオーストラリアにあるクイーンズランド州の南東に位置しています。

サーファーズパラダイスなどの有名なビーチがたくさんあり、ビーチの名前からもわかるようにサーファーの聖地でもあります。

そして、ゴールドコーストはオーストラリア内でも有名なビーチリゾートの1つとして外国人はもちろん、現地の人たちからも人気の観光地です。

気候も晴天の日が300日以上、そして年間を通して平均気温は24℃ほどと過ごしやすいのも魅力といえます。

 

ゴールドコースト留学のメリット

e8f158d64b44a51be1704ea099542075_s (1)

まずはメリットから見るゴールドコースト留学の特徴を見ていきましょう。

 

メリット①:治安が良い

オーストラリア自体が世界的に見ても治安が良い国と認識されています。

ゴールドコーストも観光都市のため治安が良く住みやすい街です。

また観光都市ということもあり、シドニーやメルボルンなどの主要都市に比べ、在住している方々ものんびりとした暮らしを送っています。

時間の流れがゆっくりしているので、現地の方々ともコミュニケーションが取りやすい環境です。

ただ、日本の治安の良さとは異なるので、海外にいることを忘れずに行動しましょう。

 

メリット②:住みやすい気候

ゴールドコーストは亜熱帯地域に属しているので、年間を通して温暖で日本のような四季はありません。

晴天日は300日以上なので、ほぼ1年中晴れの日が続くといえます。

平均気温は24℃ほどで暑すぎることも寒すぎることもないので、季節の変わり目のストレスなどを感じることなく過ごしやすいのもメリットです。

 

メリット③:専門分野を学べる

ゴールドコーストは世界的に見ても観光地として知られていす。

時期を問わず観光客が訪れるため、語学学校でも観光や自然に関して学べるコースを提供している学校がたくさんあります。

英語に加えて、専門的な知識を身に付けたい方にはおすすめの留学先です。

 

メリット④:マリンアクティビティが楽しめる

ビーチリゾートとしても知られているゴールドコーストではマリンスポーツが盛んです。

語学学校では放課後や週末のアクティビティとしてマリンスポーツを体験できたり、本格的に始めることもできます

課外授業としても取り入れている学校もあるので、気になる方は学校のスケジュールを確認したり問い合わせたりしてみましょう。

 

メリット⑤:新日家が多い

ゴールドコーストをはじめオーストラリアには親日家が多いです。

特にゴールドコーストは観光地ということもあり、外国人や留学生に対してフレンドリーな人たちも多く、親日家とも仲良くなりやすい環境です。

初めての留学でも居心地よく過ごすことができるでしょう。

 

ゴールドコースト留学のデメリット

5816ca7f51622274f3c0ed79eaaf354d_s

続いてデメリットからゴールドコースト留学の特徴を見ていきます。

 

デメリット①:日本人が多い

ゴールドコーストには在住している日本人や留学生、観光客がたくさんいます。

そのため、語学学校や街中で日本語を耳にする確率も高いでしょう。

日本人の少ない環境で留学したい方にとってはデメリットとなってしまいます。

ただ、初めての留学の場合、ある程度日本人がいたほうが安心できるでしょう。

日本語環境に浸り過ぎては留学の意味がなくなってしまうので、ある程度英語環境に身を置くように意識することが大切です。

 

デメリット②:誘惑が多い

ビーチリゾートなのでもちろん観光スポットは多く、観光客も多いです。

街の雰囲気はのんびりとしているので、勉強に身が入らなくなってしまう方もいるでしょう。

また、観光もあわせて留学に来る方も多いので、一緒になって遊び過ぎてしまう可能性も。

あなた自身でしっかりとメリハリをつけて生活する必要があります

 

デメリット③:紫外線が強い

晴天の日が多いゴールドコーストでは紫外線も日本に比べてとても強いです。

日焼け止めやサングラス帽子などの紫外線対策は必須です。

油断して、長時間の外出にも関わらず紫外線対策をしないと、想像以上の日焼けやあとから出てくるシミなどで後悔してしまうので、対策は必ず行いましょう。

 

ゴールドコーストの留学はメリハリが大切!

3345357_s

ゴールドコーストはビーチリゾートなので、過ごしやすい気候ですが、一方で観光気分が抜けきらず、勉強がおろそかになってしまう可能性もあります。

あなた自身でオンオフの切り替えをしっかり行うことが重要になってくるでしょう。

ただ、留学+観光を楽しみたい方には最適な環境と言えます!

 

あなたの留学の希望をお聞かせいただければ、ネスグローバルで最適な留学プランを提案いたします。

いつでもお問い合わせくださいね。

 

ネスグローバルに無料見積もりを依頼してみる

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

【期間別】ゴールドコースト留学にかかる費用と内訳を解説!

こんにちは、留学ライターのもりなつ(@morinatsu1)です。

 

自然が多く、留学だけではなく観光やアクティビティも楽しめるオーストラリア。

特にゴールドコーストはサーファーの聖地としても知られていて、観光客はたくさん訪れます。

もちろん留学先としても人気なので、日本人留学生も多いです。

観光地ということもあり、物価は他の都市に比べて高いのか気になりますよね。

今回はそんなゴールドコーストの留学費用について、期間別にご紹介します。

ゴールドコーストへの留学を検討している方は参考にしてみてくださいね。

ネスグローバルに無料見積もりを依頼してみる

 

ゴールドコーストの物価は高い?

gold-coast-city-446964_640

ゴールドコーストはオーストラリアの中でも人気の観光地ではありますが、物価は主要都市のシドニーやメルボルンに比べると、安いです。

ただ、日本に比べると少し高くなります。

特に外食が高く、感覚的に日本で外食をする時と比べて2倍ほどになります。

加えてチップも支払う必要があるので、日本人からするとより割高に感じてしまうでしょう。

外食は週1回にするなど、控えめにして自炊をメインにするのがおすすめです。

 

【期間別】ゴールドコーストの留学でかかる費用

45b3d983dbd27ccc67fbdd779d99e520_s

目安として1ヶ月・3ヶ月・6カ月・12か月のゴールドコースト留学にかかる費用を一覧にしたので、あなたの希望する期間をチェックしてみましょう。

 

1ヶ月(観光) 3ヶ月(観光) 6カ月(学生) 12か月(学生)
授業料 約13万 約35万 約71万 約124万
ビザ費用&OSHC - - 約6.7万 約8.5万
海外旅行保険 - - 約11万 約20万
航空券 約6万 約6万 約4万 約4万
その他準備費用 約1.6万 約2万 約2万 約2万
滞在費 約4.5万円 約13.5万円 約26.8万 約53.7万
食費 約4万 約13万 約26万 約53万
交際費 約1万 約3万 約6万 約12万
総額 約30.1万 約72.5万 約153.5万 約277.2万

※(観光)=観光ビザ/(学生)=学生ビザ
※海外旅行保険:3カ月まではクレジットカード付帯で0円
※航空券:1,3ヶ月は往復、6,12ヶ月は片道
※その他準備費用:健康診断(観光ビザを除く)、パスポート申請
※滞在費:シェアハウスの場合

 

ゴールドコーストの留学費用の内訳

bookkeeping-615384_640

ではそれぞれの内訳について解説していきます。

  1. 授業料
  2. ビザ費用&OSHC費用
  3. 海外旅行保険費用
  4. 航空券費用
  5. その他準備費用
  6. 滞在費
  7. 食費・交際費

 

ゴールドコーストの留学費用の内訳①:授業料

学校に支払う費用は学金・授業料・教材費が含まれます。
※ここではまとめて授業料とします

語学学校によって料金設定は異なるので、希望する学校の公式サイトはパンフレットなどで費用を確認しておきましょう。

レッスンのコマ数や受講するコースによっても費用が異なります。

ゴールドコーストでおすすめの語学学校の費用はこちらをチェックしてみてくださいね。

 

ゴールドコーストの留学費用の内訳②:ビザ費用&OSHC費用

ゴールドコーストをはじめオーストラリアでの留学は、3つのビザを留学期間によって使い分けることができます。

観光ビザ 学生ビザ ワーキングホリデービザ
期間 3ヶ月以内 3ヶ月以上5年以内 1年以内
申請費用 無料(ETAS) 約4.6万 約3.6万
OSHC 不要 必要 不要

 

OSHC(海外留学生健康保険)とは、学生ビザの有効期間中に病気やけがをした場合にサポートしてくれる保険のこと。

とはいえ、歯の治療や盗難、破損などカバーされない項目もあるので、海外保険に入ることを推奨しています。

OSHCは語学学校側が代行で手続きをしてくれるので、費用を留学費用を支払う際に併せて支払いましょう。

 

ゴールドコーストの留学費用の内訳③:海外旅行保険費用

海外旅行保険は必須ではありませんが、現地で病気にかかってしまった際、外国人の場合は多額に請求をされてしまうため、万が一に備え、加入しておくのがベストです。

コストを抑えたい方は、保険を掛ける項目を選べる保険会社もあるので、事前に調べておきましょう。

3ヶ月以内の短期留学の場合、クレジットカード付帯の海外旅行保険(無料)を使用することもできます。

クレジットカードを利用する場合はお持ちのカードの補償内容を忘れずに確認しておいてくださいね。

 

ゴールドコーストの留学費用の内訳④:航空券費用

航空券はビザのタイプによって、片道チケットで良いのか、それとも往復チケットが必要なのか異なります。

  • 観光ビザ:往復チケットが必要
  • 学生ビザ・ワーキングホリデービザ:片道チケットのみでOK

Skyscannerなどの格安航空券が比較できるサイトであれば、コストを抑えて航空券を購入することができます。

ゴールドコースト行きは直通便1週間の内5~6便が出ています。

 

ゴールドコーストの留学費用の内訳⑤:その他準備費用

その他の準備費用は、パスポートの申請、ビザの種類によって健康診断が必要になります。

パスポートの申請をしていない場合は、受け取りまでに1週間はかかるので、早めの段階で申請を済ませましょう。

  • 5年有効:11,000円
  • 10年有効:16,000円

また、ワーキングホリデーの場合は、事前の健康診断が義務付けられています。

一般的には胸部レントゲンと内科検診が必要なになり、料金は5,000~10,000円と施設によってさまざまです。

ビザを申請する前に検査を受けておきましょう。

 

ゴールドコーストの留学費用の内訳⑥:滞在費

滞在費は学校が手配してくれるホームステイや学生寮の場合月10万円ほどかかります。

一方でシェアハウスであれば、月5~8万円とおさえることができるので、長期滞在を予定している場合は、シェアハウスに移るのがおすすめです。

またシェアハウスでも1人部屋なのか複数人部屋なのかで料金が異なってきます。
あなたの予算に合ったタイプを選びましょう。

 

ゴールドコーストの留学費用の内訳⑦:食費・交際費

ゴールドコーストをはじめオーストラリアでは外食をすると、食費がかさんでしまいます。

そのため、毎食外食というのは避けるようにしましょう。

毎食自炊ができれば、月2~3万円程に抑えることも可能です。

交際費は個人差がありますが、1ヶ月で1万円ほど見ておくと良いでしょう。

 

まとめ:ゴールドコーストの物価は主要都市に比べて安め

goldcoast-2330710_640

ゴールドコーストはシドニーやメルボルンなどの主要都市に比べると物価は安くなります。

とはいえ、日本よりは少し高いので、外食は控えめにし節約を心がけて生活するのが良いでしょう。

 

あなたの留学の希望をお聞かせいただければ、ネスグローバルで最適な留学プランを提案いたします。

いつでもお問い合わせください。

 

ネスグローバルに無料見積もりを依頼してみる

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0